灯油販売のバイトをするなら、コレだけは気をつけて!

灯油販売

赤ペソ先生
灯油販売のバイトした時に気づいたことをまとめたよ!

こんにちは、赤ペソ先生(@spinf60 )です。

 

2015年12月~2016年の2月の3ヶ月間灯油販売のバイトをしたんです。

冬は灯油が売れますからねー。

 

私が住んでいる場所のコンビニバイトが時給750円なのに、灯油販売のバイトは時給1,000円と結構割高!仕事自体は簡単なのに!

ただ……だいたい外にいるから、とんでもなく寒いんですけどね(;´Д`)

 

とりあえず、灯油販売のバイトの際に気づいた事を備忘録として残しておきます。

灯油販売バイト時に気をつけること

灯油は『こぼれるもの』だと思ったほうが良い

灯油はこぼれます。

どんなに上手に入れることができても、入れる回数が多ければこぼす確率が上がります。

うっかりこぼすこともあるし、思いもよらない事でこぼしてしまうこともあります。

 

ただ……『灯油はこぼれるものだ』と思っておくだけで、心の余裕も生まれるし、灯油がこぼれた時の準備も整えられます。

靴はブーツ系がいいよ

間違ってもキャンバス地の靴履いちゃダメですよ。

キャンバス地の靴やスニーカーに灯油をこぼした場合……灯油が中に染み込んで、靴だけじゃなく靴下や足までも灯油臭くなります。

 

洗濯機で他の衣類と一緒に洗えないから、手洗いしないといけないし、洗っても洗ってもなかなか匂いが落ちないので、染み込まない靴を履いたほうが良いです。

一番いいのは長靴なので、オシャレなレインブーツをオススメ。

手袋は『耐油製』の商品を使おう

軍手やゴム手袋は使わないほうが良いです。

これも、靴と同じ理由。

軍手だと灯油が染み込んで手に匂いがつくことが簡単に想像できると思います。

 

なぜゴム手袋がだめか?というと、ゴムは油に弱いんです。溶けます。(ガムを噛みながらチョコレート食べるとガムが溶けて無くなる現象とだいたい同じだと思ってください)

 

ゴム手袋だとスグに劣化するので、耐油性のニトリル手袋がオススメ。

 

品ぞろえがいい100円ショップだったら売ってる場合もあります。

 

灯油は上向きの注ぎ口から給油すること

灯油のポリタンクには2ヶ所給油口があります。

ポリタンク

この給油口に気をつけてください。

 

一方は上向き、もう一方は上の画像のように斜めに取り付けられている場合が多いです。

できるだけ上向きのフタから給油したほうが良いです。

 

と言うのも斜めの方向から入れると、吹きこぼれる可能性が高いからです。

 

わたしが給油していた灯油販売所は、決められた量を売る販売方式でした。

  • 20L
  • 18L

どちらかのボタンを押すだけで、設定した量の灯油を自動的で給油してくれます。

ただ、ポリタンクを持ってくるお客様が、完全に空にして持ってくるとは限らないんですね……コレが(;´Д`)

 

18Lのタンクに灯油が残っている状態で持ってきて……「だいじょうぶ大丈夫。この前入ったから」という言葉を信じて、何回 吹きこぼしたことか(TдT)

 

灯油が残っている状態で斜めの給油口から入れると間違いなくこぼれます。

こぼす確率を少しでも減らすために、上向きの方から入れましょう。

ポリタンクの容量を必ず確認しよう

だいたい18Lか、20Lのポリタンクを持ってくると思うんだけど、1度だけ15Lのタンクを持ってきた人がいました。

わたしはよく確認しないまま『20Lより小さいから18Lだろ』と思って普通に給油したら……盛大に吹きこぼしました。

確認は本当に大切。

 

たまーにポリタンクの容量を把握していない人も来ます。

だいたい側面に容量が書かれていますので、確認して教えてあげてください。

 

灯油が残っていたら「入らないかもしれない」と必ず伝えよう

これは私がバイトしたところのシステムなので仕方ないんですが、作業効率化のため2パターンでしか給油できませんでした。

  • 20L
  • 18L

もしタンクに入りきらなかった場合、レジに戻って返金処理をしてもらわないといけない。

レジの担当者も、お客様もどちらも面倒くさいことになるので、あらかじめ伝えておきましょう。

 

それでも「入れろ」と言うようであれば、灯油がこぼれてもかからないように注意して入れましょう。

相手にも自分にもかからないように。

「こぼれるかもしれませんので離れてください」と言っておくと良いですよ。

フタに異常があったら、店内で買うようにすすめよう

フタにヒビが入っていたり、ゴムパッキンが無くなっているポリタンクを持ってくるお客様が結構な割合でいます。

 

一時しのぎの対策としては、レジにあるポリ袋を、タンクとキャップの間に挟み込むことで灯油が漏れにくくなるので、灯油を販売する場所にポリ袋を準備しておくと良いです。

 

ただパッキンが無いと、移動中に揺れて灯油がこぼれるので、できれば買ってもらいたいところ。

 

灯油を売っているところなら、フタだけを100円前後で売っていると思います。

私がバイトしてたところも売ってました。

 

「パッキンが無くなっているようなので、今日はビニール袋をしておきますね。店内で◯円で売られていますので、次来られた時にお買い求めください」と言っておくと良いです。

事前に次の項目は確認しておきましょう。

  • どのコーナーにあるか?
  • いくらか?

サイズ違い(○○mm用)があるので気をつけてね。

まとめ

赤ペソ先生
みなさんのお役に立てれば幸いです。

灯油販売している時、配達に来たタンクローリーのおじさんから別の販売所での話を聞きました。

そこでは高校生の女の子がバイトしてたそうですが、お客さんから「タンクに残ってても入る!」と言われて、それを信じて給油したところ……吹き出して服が灯油まみれになって泣いてたそうです。

 

自分も経験しただけにその女の子が可哀想でもあり、客に腹立たしくも思いました。

そういう悲しい目に合わなくて済むようまとめました。

 

そんなわけできょうの備忘録はここまで。

最後までご覧いただきありがとうございます。

またどこかの備忘録で(^_^)/~

この記事を書いた人

赤ペソ先生

赤ペソ先生

とにかく仕事をしたくないオッサンです。自分の好きなペースで働きたいので、契約社員+在宅ワークの複業で生計を立てています。#今日の買物 ヤギと昼寝が大好き。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします