洗濯洗剤と柔軟剤が香りの件でケンカするから、無香料の洗剤を探してみた

2 min

no title

みなさんは洗濯物の香りづけどうされてます?

柔軟剤入りの洗濯洗剤?それとも香りの強い柔軟剤使ってる?

柔軟剤派の、赤ペソ先生(@spinf60 )です。

洗濯機に洗剤を入れて、柔軟剤を入れる時に思ったんです。

『あれ?これって洗剤の香りと、柔軟剤の香りが混ざり合ってケンカしてるんじゃないかな?』って

柔軟剤と洗剤の香りがケンカしてるんじゃない?

柔軟剤って肌ざわりを良くするためのものですが、最近はいい香りが長い時間持続する柔軟剤がたくさん出ていますよね?

それで思ったんです。

柔軟剤の香りに、洗濯洗剤の香りは邪魔なんじゃないか? と。

例えばボールドという洗濯洗剤は、洗剤だけど香りもしっかり付いていますが、柔軟性はちょっと弱い。


だからといってボールドに、他の柔軟剤で仕上げするのも変な話でしょ?

香りon香りですよ。

何の香りですか?って話です。

それならいっそ香りがない洗剤が欲しいと思ったわけです。

洗うのは洗剤の仕事

ふんわりした柔軟性と香りは柔軟剤の仕事

という風に分けてしまったほうが良いんじゃないかなーってね。

昔はそうだったんだろうけどね。

ということで、無香料の商品を調べてみました。

無香料・無添加の洗剤

シャボン玉スノール


無香料の洗剤 といって最初に思い浮かんだのは、洗濯せっけん。

蛍光増白剤、香料、着色料、界面活性剤も無添加なので赤ちゃんやアレルギー、アトピーの方にも安心。

洗濯石けんはどうしても石けん特有の匂いが残る事が多いらしいですが、その香りも抑えられているようです。

まぁ柔軟剤で香りつけるからあまり関係ないような気がします。

液体タイプなので、粉石けんと違って溶けにくいこともないようです。

ただ、ちょっとお高め。

Amazonで900円強。詰め替え用でも600円ちょっとします。

ミヨシ 無添加衣類のせっけん


こちらも石けんタイプ。

パッケージの飾り気のなさに惚れる(笑)

香料・着色料・防腐剤等いっさい無添加。液体なので水温の低い冬でも溶け残りの心配がありません。
せんいを荒らさない天然せっけんなら、繰り返し洗う赤ちゃんの肌着洗いにもおすすめです。

価格はAmazonで500円強。

詰め替え用で400円弱なので、ちょっと安いかな。

ファーファ 香り引き立つ無香料


レビューには洗浄力がちょっと弱いという意見もあります。

価格はAmazonで300円弱。

詰め替え用は3パックで650円とかなりお手頃。

ただ無添加じゃないので、アレルギーのある人などには向かないかもしれないね。

ちなみに、うちの近所のドラッグストアにもこちらの商品はありました。

逆に無香料の柔軟剤はないのかな?

柔軟剤の香りが強すぎて嫌な人もいますよね。

そんな人には逆の発想!

実は……香りがない柔軟剤ってのがあるんです。


柔軟剤の香りじゃなくて、自分の好きな香水を付けたい人にもいいですよね。

あと……オッサンが花の香を漂わせすぎているのもいかがのものか?という気もするので

無香料の柔軟剤……良いかもしれない。

まとめ

とりあえず、ファーファか、無香料の柔軟剤を試してみようかな。

調べている途中で

『無香料の洗剤を自作すればいいんじゃない?』と思いまして、セスキ炭酸ソーダや重曹で洗濯する、アルカリウォッシュという手法も調べたのですが……汚れ落ちに疑問があるので、まずは市販のものをまとめてみました。

アルカリウォッシュに関しては調査が必要ね。

そんなわけできょうの備忘録はここまで。

最後までご覧いただきありがとうございます。

またどこかの備忘録で(^_^)/~

赤ペソ先生

赤ペソ先生

とにかく仕事をしたくないオッサンです。自分の好きなペースで働きたいので、契約社員+在宅ワークの複業で生計を立てています。#今日の買物 ヤギと昼寝が大好き。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA