電話をかける方が苦手

みんな「電話かける奴は嫌い」とか言うから、逆にかけづらいわー

こんにちは。働きたくない系ブロガー、赤ペソ先生(@spinf60 )です。

買ってもいない宝くじが当たるんじゃないかと、毎日夢見ながら仕事しています。


それはともかく、

最近『電話をかけてくる人が嫌い』という風潮があります。

私もどちらかと言うと苦手。


苦手なので……仕事(書類作成)の窓口として『問い合わせフォーム』を作っているのに、最近やたらと電話がかかってきます(;´Д`)


ただ……今回は

電話をかけられるのより、電話をかける法が苦手だわ……

というお話です。


SPONSORED LINK


『電話かけてくる人が嫌い』という風潮あるよね

電話をかけてくる人が嫌い

という話を最近良く耳にします。

主にインターネットを主戦場に仕事をされている人だと思う。

ホリエモンこと堀江貴文さんも、インタビューでこんなことを言われてます。

「自分の時間」を奪う最たるもの。それは「電話」だ。 僕は「電話に出ないキャラ」を確立している。電話で話す必然性のない用事なのに、やたらと気軽に人の電話を鳴らす者がいるが、僕は絶対に応答しない。相手がどんなに偉い人であろうが、僕は「電話に出ないキャラ」になると決めている。電話は多動力をジャマする最悪のツールであり、百害あって一利ない。仕事をしているときに電話を鳴らされると、そのせいで仕事は強制的に中断され、リズムが崩れてしまう。
出典:堀江貴文氏「電話してくる人とは仕事するな」 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

一理ある……どころか百理ある……くらい理解できます。


私も個人的には電話があまり好きではないです。

集中して作業している時に、勝手に割り込まれてくる感覚がね。

こっちは集中して仕事しているのに、飛び込み営業的な電話がかかってきたら本当にムカッとします。


ただ、それ以上に苦手なのが

こちらから相手に電話をかけることだ。


電話をかけるのが本当に苦手

何か作業中に営業販売の電話がかかってきたら、ものすごくイラッとするわけですよ。

その経験があるから、逆にこちらから電話をかける時に

『あれっ?今かけたら忙しいんじゃないかな?』とか考えちゃうわけ。


 

そんなわけで、電話のアポ取りとかホント苦手。


 

けど、電話が嫌い!電話をかけてくるやつが死ぬほど嫌い!というほどの電話嫌いではないです。


だって、電話には電話の良さがあると思うんだよね。


メールの文面だけでは正確に伝わらない場合がある

コミュニケーションを取る方法は、だいたい3つあると考えています。

  • 文章(メール・LINEなどの主に文章によるコミュニケーション)
  • 音声(電話によるコミュニケーション)
  • 対面(音声と映像によるコミュニケーション)

私個人的には電話も対面も苦手なので、正直な話……メールなどの文章によるコミュニケーションを優先したいわけ。

私の理想とするコミュニケーション順位は

文章>>音声>>対面

みたいな感じ。


相手の状況を考えて『いま電話すると忙しいかな?』とか、相手の時間を気にしなくてもいいから。


ただ、相手が思っていることが より正確に伝わるのは

対面>>音声>>文章

じゃないかと思う。


文章だけだと、どうしても微細なニュアンスが伝わらない……というか、齟齬そごが生じると思うんだよね


メールで厳選した文章を書くより、電話で確認したほうが早い

顔が見えない相手にメールを書く場合

  • 相手に失礼がないか?
  • 表現に間違いはないか?
  • 聞きたい内容がきちんときけているか?

などに注意しながらメールを書く必要があります。


けどね、それだけ細心の注意を払ったメールでも、結局相手にうまく伝わっていないことが多々あるわけです。

それで何度もメールをやり取りするのがスゴくめんどくさい。


それならば、同じデータを見ながら電話をしたり、SkypeやGoogleハングアウトで通話したほうが、相手のニュアンスも伝わるし、圧倒的に話が早い。


電話をかけてくる人はそもそもメールが苦手だと思うわ

経験上、電話をかけてくる人はメールが苦手である。

メールが苦手だから、電話をかけてくるんだけど、そういう人に

「これからは、メールでお願いします。」

と伝えても、おそらく100%の確率でわかりにくいメールが来るだけだと思う。

その内容を確認するためにメールを出しても、またこちらの意図がうまく伝わらなくて、二度手間・三度手間になって、どんどんわけの分からない方向に話が転がっていく……というのが簡単に予想できる。

というのも、そう言う経験を何度か見てきたから。


そんなわけでわたしはブログを書いている人間にも関わらず、文字ベースのコミュニケーションをあまり信用していない(笑)


FACEBOOKやTwitterでトラブルが発生する時は、大体言葉尻の揚げ足取りだもの。

ああいうのを見ると、もう本当に文章考えるのがめんどくさい。


メールで時間を指定して、電話をかける方式が理想

電話によるコミュニケーションは苦手だけど、相手の意図を汲むには電話の方が良い。

けど、電話を受けるのもかけるのも、めんどくさい。


このめんどくさい原因は……

電話を受ける側の時間を奪ってしまうという感覚からだと思う。

ということはだ、相手に事前連絡をしておけば良いのだよ。


○○時に電話入れますので、よろしくお願いします。○分くらいの内容です。


みたいにね。


そうすれば、かける方も相手の都合を心配しなくていいし

受ける方も、あらかじめ時間がわかっているから、その時間を開けられるしね。


【メール→電話】という二度手間感はあるけれど、メールを何回も何回もやり取りするよりは、遥かにスピード感のある仕事ができるんじゃないかと思う。


まとめ

夜9時過ぎに電話かけてくるヤツ!お前だけは絶対許さん!

夜に電話がかかってきたら、誰か死んだんじゃないかとビビるじゃないか……


そんなわけできょうの備忘録はここまで。
最後までご覧いただきありがとうございます。
またどこかの備忘録で(^_^)/~ 赤ペソ先生(@spinf60 )でした。


読者登録すると、ブログ更新した時にLINEでお知らせします♪


↓↓赤ペソ先生が利用しているサービスまとめ

おすすめ

SPONSORED LINK


「この記事がいいね!」と
君が言ったから
6月 14 日は
赤ペソ記念日♪

最新情報をお届けします

Twitterで赤ペソ先生をフォローしよう!