no title

みなさんは鉛筆使いますか?大人になったらあまり使わないかもしれないですね。

ども、鉛筆をこよなく愛する 赤ペソ先生(@spinf60 )です。

SPONSORED LINK



鉛筆削りを買い換えました


うちでは長女が小学校に上がる時に購入した手動のプラスチック製鉛筆削りを、姉妹で7年くらい使ってました。

けど鉛筆をさしこむ部分のバネが弱くなって、先端がキレイに削れなくなってしまったんです。

それでAmazonで評価の高いカール事務器のエンゼル5プレミアムと言う商品を購入しました。



そのパッケージに書かれていた言葉がとても素敵だったので紹介。


カール事務器のエコに対する考え方が素敵

Amazonから届いたパッケージを開けると、飾り気のないダンボールのパッケージでした。

けど、そのパッケージに書いてあった文章がとても素敵だったので、そのまま転載させていただきます。

Eco long life products 長寿命商品とは…


永く使い続ける「長寿命商品」私たちがめざす”究極のエコロジー”のカタチです。

丈夫で飽きない機能的な道具をメンテナンスして永く使い続けることこそ究極のエコロジー。
メンテナンスして永く使い続けられるよう、丈夫で長持ちな板金を用いた長寿命設計の商品です。
いつまでも使っていただける商品を作るカールといつまでも使い続けたいと思うお客様。
両者の想いがひとつになったとき、「長寿命商品」は生まれます。
どうか末ながくおつきあいくださいますようお願い申し上げます。

わたしは100円ショップの商品が大好きなんですが、それ以上に品質がよくて永く使える商品が好きです。

LenovoのThinkPadabrAsusの薄い財布とかもね。

世の中にエコな商品って、たくさんありますよね。

けど、本当はエコな商品に頼りきるのではなく、考え方をエコにするほうが大切なんじゃないかなと思います。

子供の頃から品質の良い商品を大切に使うことで、エコな考え方が身につくのではないでしょうか?


おまけ情報

使ってみた感想を簡単にまとめてみますね♪


よいところ

コンパクト

手の小さい小学生や女性でも使いやすいサイズ感。


軽い力で削ることができる

切れ味がイイので、軽い力で削れます!うちの小学1年生でも簡単に削れています。


めちゃくちゃキレイに削れる

ホレボレするくらいシャープに削れます。左がカールので削ったものです。

no title


適度に重みがある

鉛筆を削る時、片手で押さえてハンドルで回す必要がありますよね。

この商品は適度に重みがあるので、上から押さえる力もあまり必要ありません。


イマイチ?なところ

イマイチというか、ちょっと注意してほしいことがあります。


上面にあるシールをはがしちゃダメよ!

上に商品名のシールが貼ってあります。

no title

わたしは商品に貼ってあるシールをすぐにはがしたいタイプです。ボールペンとかにバーコードのシールが貼ってあるのとかホントいやでイヤで。

ですが、この鉛筆削りの上にあるシールは剥がしちゃダメですよ。動画内でも説明していますが、シールをはがしたところに穴が開いています。

はがすと悲しい気持ちになります(笑)


色鉛筆は苦手かも

ものすごく尖ってしまうので、色鉛筆を削る時は様子を見ながら途中で止めたほうが良いと思います。


まとめ

丈夫な商品は一度買ったら永く使えるので、メーカー側にとっては買い替えてもらう機会が減ってしまいますよね。けれど、そこをあえてユーザーのためになる商品として出しているカール事務器、いいですよね。

次に壊れた時も『またカールのものを選ぼう』という、ファンがきっと増えますよね。わたしも壊れたらまた買うと思う。

そんなわけできょうの備忘録はここまで。
最後までご覧いただきありがとうございます。
またどこかの備忘録で(^_^)/~


読者登録すると、ブログ更新した時にLINEでお知らせします♪


【オススメ】▶赤ペソ先生が利用しているサービスまとめ


SPONSORED LINK


この記事が気に入ったら
いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

Twitterで赤ペソ先生をフォローしよう!