2715167ad107982190de65bc144102f5_s

冬に寒いからといって、部屋にとじこもって食べて寝てを繰り返していると、どんどん体重が増加していきますよ。
ども、赤ペソ先生(@spinf60)です。やっぱさつまいもは、焼き芋が一番旨いよね。

SPONSORED LINK



体温が低いと痩せにくいけど、雪山では痩せる件

私は、平熱が35℃台で、体温が低めです。

ダイエットでは、基礎体温を上げる事でカロリーの消費量が上がる

というのが一般的な常識として言われています。

けど逆に、見出しにも書いたとおり、雪山では高カロリーの食事を取らないと痩せてしまうという話も耳にしたわけです。

これはなぜかというのを調べてみました。

人間は体温を一定に保とうとする

夏の暑い時期には、汗をかきますよね。
夏は外気温が高いので、体が熱くなります。

そこで、汗をかくことで、その汗が蒸発する気化熱で
上がりすぎた体温を下げ一定の温度にしようとするわけです。


冬の場合は逆に、外気温が低く体が冷えてしまいます。

体温を一定に保とうとするために、通常より必要以上のカロリーを消費する。
そんなわけで、雪山登山をする方や、南極作業員などは
高カロリーの食事をしないと、痩せてしまって体力が持たないようです。

極地では、十分なカロリーが必要で、1日4000Kcal超の料理を食べる計画で食料を調達する。 普通の大人の摂取カロリーの2倍くらい。そのくらい食べないと、南極では体が持たない。

Me CASA es Tu CASA

これを、逆に考えると

寒ければ、基礎代謝と体温を上げる努力をしなくても低体温状態のままで痩せることができるのではないのかと、めんどくさがり屋の血が騒いだのであります。

そんなわけで、いろいろ調べていたら、こんな情報を見つけた。
ちょっと古いけど。  

たった10分寒さを我慢するだけで、1時間の運動と同等のカロリーが消費できるとの研究結果 - IRORIO(イロリオ)

オーストラリア・シドニー大学のポール・リー氏らがおこなった研究によると、体がガタガタと震えるような寒さに身をさらすと、筋肉からアイリスイン、褐色脂肪からFGF21と呼ばれるホルモンが分泌されることがわかったそう。これらのホルモンは脂肪細胞を刺激し、体脂肪を燃やす作用のある褐色脂肪をつくりだすといい、実験では、アイリスインとFGF21が、6日間かけておデブの原因である白色脂肪を褐色脂肪に変えることがわかったという。なお、寒さで体が震えだすのは15度くらいからで、10~15分震え続けると、中程度のエクササイズ1時間分に相当する量のアイリスインが分泌されるとのことだ。

ほほう。いいことを聴いた。

まとめ

とりあえず、1週間毎日震えながら痩せることにします(笑)

そんなわけできょうの備忘録はここまで。
最後までご覧いただきありがとうございます。
またどこかの備忘録で(^_^)/~


読者登録すると、ブログ更新した時にLINEでお知らせします♪


【オススメ】▶赤ペソ先生が利用しているサービスまとめ


SPONSORED LINK


この記事が気に入ったら
いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

Twitterで赤ペソ先生をフォローしよう!