2715167ad107982190de65bc144102f5_s

こんにちは。万年ダイエット中の、赤ペソ先生(@spinf60)です。


夏は『暑いから……』と言って部屋に閉じこもり

冬は『寒いから……』と言ってまた部屋にとじこもって

食べて、寝て……を繰り返していると、どんどん体重が増加していきますよ。

……私のことだよ(;´Д`)


SPONSORED LINK



体温が低いと痩せにくいらしい……けど雪山だと痩せるよね

わたし平熱が35℃台で、体温がかなり低めです。

ダイエットでは

基礎体温を上げる事でカロリーの消費量が上がる

というのが一般的な常識として言われています。


けど逆に、雪山では高カロリーの食事を取らないと痩せてしまうという話も耳にしたわけです。

体温が低くなるのに?


これはなぜか……というのを調べてみました。


人間は体温を一定に保とうとする

夏の暑い時期。たくさんの汗をかきますよね。


夏は外気温が高いので、体が熱くなります。

汗をかくことで、その汗が蒸発する気化熱で、上がりすぎた体温を下げて、一定の温度にしようとするわけです。



冬の場合は逆に、外気温が低くて体が冷えてしまいます。


体温を一定に保とうとするために、通常の倍ちかくのカロリーを消費するそうです。

極地では、十分なカロリーが必要で、1日4000Kcal超の料理を食べる計画で食料を調達する。 普通の大人の摂取カロリーの2倍くらい。そのくらい食べないと、南極では体が持たない。

出典:南極では何を食べているのか - Me CASA es Tu CASA

雪山登山をされる方や、南極作業員の方々は高カロリーの食事を摂っていないと、自分の体温を維持するためにカロリーを消費してしまうため、どんどん痩せてしまって体力が持たないようです。


つまり……これを逆に考えると

夏よりも、冬の寒い時期にダイエットに励んだほうが効果が高い

ということではないでしょうか?


まとめ

とりあえず、毎日震えながら痩せることにします(笑)


そんなわけできょうの備忘録はここまで。
最後までご覧いただきありがとうございます。
またどこかの備忘録で(^_^)/~


読者登録すると、ブログ更新した時にLINEでお知らせします♪


↓↓赤ペソ先生が利用しているサービスまとめ

おすすめ

SPONSORED LINK


「この記事がいいね!」と
君が言ったから
11月 14 日は
赤ペソ記念日♪

最新情報をお届けします

Twitterで赤ペソ先生をフォローしよう!