YouTubeに投稿した動画が『AdRev for a 3rd Party』に著作権侵害の申し立てされたので意義を申し立てたぞ

アプリ収録の音源使ったのに著作権侵害の申し立てが行われてた……

赤ペソ先生
いやいやいや、チョット待てよと。

こんにちは。赤ペソ先生(@spinf60 )です。

細々とYouTube活動を行っている底辺YouTuberです……。

そんな私が、どういうことか著作権侵害で申し立てを受けてしまったので、申立人に意義を申し立てた話です。

YouTubeから『著作権侵害』のメールが届いた

ある日、メールをチェックしていたら、YouTubeから著作権侵害のメールが届いてました。

赤ペソ先生:研究室 様

Content ID を使用している著作権所有者が、お客様の動画に含まれている素材を申し立てました。

これは一般的なお知らせのメールです
問題が発生しているわけではありませんので、アカウントの状態への影響はございません。

動画に広告が表示されて著作権所有者が収益を受け取っているか、または動画の視聴回数についての統計が著作権所有者に送られています。

動画のタイトル: チプカシ(チープカシオ) F-84WとF-105Wのライト比較 著作権で保護されたコンテンツ: Funy Guitar Melody-11969-RFR
申立人: AdRev for a 3rd Party 申し立ての詳細を表示

次のステップ
問題がない場合、対応は不要です。動画を削除する必要はありません。

なんらかの問題があり、著作権所有者または YouTube のシステムの誤認である場合は、異議申し立ての手続きを行うことができます。なお、この手続きを使用するのは、動画に含まれているすべてのコンテンツに対してご自身が使用権を所有していることが明らかである場合のみとしてください。

著作権使用料無料の曲が必要ですか?
動画で使用する音楽を選ぶときに、YouTube オーディオ ライブラリから曲を選択すれば、著作権に関する問題を回避できます。曲は随時追加されます。

– YouTube チーム

いや……全然一般的なお知らせのメールじゃないよ……

ちなみに、著作権侵害を申し立てられた動画はこちら……。

冒頭チョット再生していただければわかるんですが、全編同じBGM を使っています。

ただ、この動画、iPhoneのiMovieというアプリで編集していて、そのiMovieに標準で収録されている音楽なんです……

iMovie

iMovie

Apple無料posted withアプリーチ

それを「著作権侵害」とか言ってくるヤツの気が知れない。

そのまま放置するとどうなるか?

メールに「問題が発生しているわけではありません」と書かれているのを鵜呑みにして、放置したらどうなるかというと……送られてきた文面に以下のように書かれています。

動画に広告が表示されて著作権所有者が収益を受け取っているか、または動画の視聴回数についての統計が著作権所有者に送られています。

これはつまり、動画の差し止めなどしない代わりに、動画に広告が入り、著作権所有を申し立てた相手側に再生回数に応じた収益が行くということです。

いやいやいや、ふざけんなよ!と。

ただでさえ再生回数が少なくて全然広告収入無いのに、人様の収益をかすめ取ろうとは何事だと。(ただ、逆に考えると「広告が入ることで相手から訴えられなくて済む」という考え方もできなくもない。けど納得はできない)

ちなみに、相手側から異議申し立てられている段階では、以下の画像のように、収益受け取りが申立人によって収益化されていますとなっています。

これは、速攻で異議を申し立てですよ。

『AdRev for a 3rd Party』に異議申し立てる

そんなわけで、異議申し立てです。

先程の画像、異議申し立てられた動画の画面下に「意義を申し立てる」というリンクが表示されていますので、そこをクリックして、内容を入力してあとは待つだけです。

YouTube側は著作権問題に関しては当事者間で対応してもらうスタンスらしく、当てになりません。

こちらの画像では、署名部分に名前を入れていませんが、実際に送信する時は自分の名前を入れています。

今回私は、『Apple社の動画編集ソフト『iMovie』に収録されているテーマ曲のため” AdRev for a 3rd Party “の音源ではありません』と記載しました。

異議申し立てが完了すると、動画の管理画面の表示が以下のように変わります。

あとは、相手からの返事を待つしか無いのがもどかしい。

相手方が、それでも著作権侵害を求めるようならば『曲を削除する』ことで申立人からの申し立ても削除できるけど、動画の内容が伝わらない=再生されないというデメリットがあります(;´Д`)

ちなみに、曲を削除は、リンクをクリックすればYouTube側で処理してくれます。

『AdRev for a 3rd Party』とは何者か

百歩譲ってAppleが著作権侵害の申立をするならまだわかる。

ただ、『AdRev for a 3rd Party』……お前は誰だ?

そう思って調べたんですが、架空の団体だとか、第三者機関とかよくわからない。

悪質なJASRACだとでも思って下さい(JASRACもなかなか悪質ですけれども……)

ちなみに、過去のメールを確認していたら、同じ動画が2015年に別の会社から異議申し立て受けていた。

前回は『Audiam』ってところだった。

「お前たちの管理はザルか……」と言いたい。

まとめ

赤ペソ先生
これで解決すれば良いんだけんどね……

この件につきましては、追ってご報告致します。

それにしても雑な著作権管理だなぁ。

 

この記事を書いた人

赤ペソ先生

赤ペソ先生

とにかく仕事をしたくないオッサンです。自分の好きなペースで働きたいので、契約社員+在宅ワークの複業で生計を立てています。#今日の買物 ヤギと昼寝が大好き。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします