タカタのエアバッグリコール対象者は、リコール受けないと車検通らなくなるから気をつけて!

こんにちは。赤ペソ先生(@spinf60 )です。

平成29年9月にホンダ・エディックスという中古車を購入しました。

いやぁ、このクルマほんと好き。

再販してくれないかなぁ……


……それはひとまず置いといて……


実はクルマを購入して1ヶ月ほど経った頃、メーカーから封書が届きました。


SPONSORED LINK


タカタ製エアバッグのリコールに関する大切なお知らせ

image

封書の中には、

タカタ製エアバッグのリコールに関する大切なお知らせ

という書類が入っていました。


簡単に説明すると

タカタ製のエアバッグリコールの改修を受けてないクルマは、平成30年5月以降、車検通らなくなるから気を付けてね。

という案内でした。

タカタ-エアバッグリコール


今まで乗っていたホンダフィットでも、リコールがいくつかありましたが、こんな書類が届いたの初めて!

しかも車検通らないって何事?ホントの話なの?


国土交通省のHPで確認してみた

とりあえず、本当かどうかを国土交通省のホームページで確認してみました。

タカタ製エアバッグのリコール改修を促進するため、異常破裂する危険性が高い未改修車両については車検で有効期間を更新しない措置を講じることとし、8月30日より1ヶ月間パブリックコメントを実施します。なお、施行時期は平成30年5月を予定しております。

マジだった……。


 タカタ製エアバッグは、ガス発生装置(インフレ―タ)が異常破裂し、金属片が飛散する不具合が発生しているため、平成21年以降リコールを実施しているところです。
 これまでも、未改修車に対し車検時に警告文の交付を行う等の改修促進の取組を進めていますが、本年7月の国内の改修率は78.1%であり、なお約410万台の未改修車があること、異常破裂による死者が全世界で少なくとも18人を数え、一刻も早い改修が必要であること等を踏まえ、これまでの取組に加え、新たに、異常破裂する危険性が高い未改修車については、車検で有効期間を更新しない措置を講じます。

えっ?

まだリコール受けてない車が、410万台もあるわけ?

これ……クルマの持ち主知ってるのかな?


て言うか、よく考えたら私の車も対象車両だから届いたんだ(笑)


対象車種は国道交通省のHPで確認できますよ

自分の車が対象車両なのか、わからない……忘れてしまった……そんな人は、国土交通省で公開されているデータで確認できます。


ちなみに、自分が乗っている車の年式がわからないという、私のような人間には、こちらの資料の方が役に立つかも。

こちらのPDFデータから、メーカー各社のホームページに飛べるので、そこで車検証に記載されている情報を入力すれば、自分の車がリコール対象かどうかを調べることができますよ♪


まとめ

リコール来たのに放置してた人は、早めにディーラーに行ったほうがいですよ

リコールの場合、修理の料金は無料ですからね(^_-)。


対象車種の方は……

  • ご自身の安全のため
  • 長く愛車に乗り続けるため

ディーラーに持っていったほうがいいですよ♪

車検のときに慌てなくて済むようにね。


そんなわけできょうのブログはここまで。
最後までご覧いただきありがとうございます。
またどこかのLogで(^_^)/~ 赤ペソ先生(@spinf60 )でした。


読者登録すると、ブログ更新した時にLINEでお知らせします♪


↓↓赤ペソ先生が利用しているサービスまとめ

おすすめ

SPONSORED LINK


「この記事がいいね!」と
君が言ったから
11月 6 日は
赤ペソ記念日♪

最新情報をお届けします

Twitterで赤ペソ先生をフォローしよう!