みなさんは『自信』を持ってますか?

こんにちは。赤ペソ先生(@spinf60 )です。

わたしは……どちらかというと自分に自信がない方です。

卑屈と言うか……臆病といいますか、あまり自信満々に振る舞えないです(・_・;)。

若い頃に比べると多少経験を積んだので『まったく自信が無い』ってことはないんですが、やっぱり人前に出たりするのは苦手だし人と話すのも苦手。


今回は、自分に自信を持てない……そんなあなたにお送りする記事です。


SPONSORED LINK


自信が無いのは『ほめられて無い』から

わたしの経験から言うと、自分に自信が持てない人は小さい頃に親からほめられた経験が少なかったり、かまってもらえなかったんじゃないかと思う。

自分を無条件に褒めてくれる人がいたら、自信を持てると思うのだ。

うちの父は病気で入院しがちだったし、母は家族の生活のため仕事で大忙しだったから、褒める心の余裕がなかったんじゃないかと思う。

それで卑屈な人間性が育ったのであります(笑)


ま自分の話はさておき、自分がやったことや作ったものをほめてもらえると嬉しいし、喜んでもらえるともっと嬉しい

テストの結果でもいいし、工作でもね。褒められると嬉しいよね。


きっと『喜ばれたり』『ほめられたり』する経験を積み重ねていくことで少しずつ『自分には価値があるんだ』と思えるようになって、自信というのはつくられていくと思うの。。


と言うことは、大人になってからでも自信を取り戻すことはできるのだ。


そう……何かを作って人に喜んでもらえば良いのだ。

もしほめてくれる人がいなくても自分が褒めてあげればイイのだ。


とは言っても……DIYで何かを作るのめんどくさいし……と思ったアナタ!

毎日やれるDIYがあるじゃないですか!


そう、料理をつくろう!


小さな成功体験を繰り返すのに『料理』は最適

100均の商品を組み合わせてDIYをするのが流行っているので、そちらでも全然イイんですけど、料理のほうが結果がスグ出るし、うまく出来れば美味しいものが食べられてテンションも上がる。

一緒に食べてくれる人がいれば確かに嬉しいけど、仮に一人でも……自分が作った料理が美味しかったら、めっちゃテンション上がりません?


美味しい料理は誰もが笑顔になるからイイよね。


一人分の料理が簡単に作れるおすすめの本

わたしは料理が好きなので、よくレシピ本を見るんです。

けど……どの料理本でもだいたい2~4人の分量で書かれていることが多いですね。


一般的なレシピ本は家族向けに作られているんだと思いますが、いざ1人分で作ろうと思った時に、材料を割り算しなくちゃいけないのが地味にめんどくさい。

1人分で書かれていたほうが、材料を計算する時に簡単なのに……

レシピによって材料を2分の1にしたり、4分の1にしないといけないのはホントめんどくさいです。


大さじ1の4分の1ってどうすりゃいいのさ……とか思うわけですよ。

そもそも割り算より掛け算のほうが簡単じゃないですか?(個人的な感想です)


そんなレシピ本迷子の私がネットでさまよっている時に、話題になっている本があったので買いました(*^_^*)

その本の名は

『世界一美味しい煮卵の作り方』


『世界一美味しい煮卵の作り方』

image


『世界一美味しい煮卵の作り方』とうタイトルを見て……

「え?………別に煮卵作りたいわけじゃないし……」って思いませんでした?(笑)


たしかにこのタイトルだと煮卵の事しか書かれていないように思われるかもしれませんが、サブタイトルに 家メシ食堂-ひとりぶん100レシピ-とあるように、ほとんどの料理が1人分の材料で書かれています。


実は私この本が発売されるよりも前に、著者のはらぺこグリズリーさんのブログを見つけてて、すでに煮卵を作った経験があるんです。


それで今回本が発売されるということでスグに購入したわけです。


このレシピ本、本当に良いですよ。


『世界一美味しい煮卵の作り方』が好きな理由

この本の良いところについては著者のブログに書かれています。

  • 全部のレシピの全ての工程に写真を掲載
  • 調理工程はたった3ステップ
  • レシピのワンポイントを漫画で表現
  • いちいち材料を確認しなくても作れる仕様

などなど……。詳しくははらぺこグリズリーさんのブログを御覧頂いたほうがイイです。


ここからは私が実際に使って感じた『好きなところ』を述べたいと思います。


材料は基本的に1人分で構成されている

image

先程も書きましたが、材料は1人分で記載されていたほうが絶対便利だと思うんですよ。

だって……必ずしも自分以外の誰かがいるとは限らないんです(ー_ー;)

私は家で仕事をしているので日中は完全にぼっちなんです。ぼっち飯です。

その時に一人分の材料で書かれているとすんごい便利です。


持ったまま作れる新書サイズ

image

雑誌だとテーブルに置かないといけないんですが、文庫本よりチョット大きい新書サイズなら、片手に持ったまま作ることができるのでスゴく良いです。

小さくて場所を取らないのも好きです。


ただ……そうは言っても『両手が汚れて本が持てない』場合には、ダイソーで売られているページホルダーキャットを使うと、本を開いたままにできるからイイですよ♪


レシピ本から作ってみた

そんなわけで、『世界一美味しい煮卵の作り方』に載っているレシピを元にガトーショコラを作ってみました。

超簡単に作れたのに、大人も子供も喜ぶ美味しさで大満足でした。


この写真にはついて無いけど、ホイップクリームを横に添えるとおしゃれ度が増します(笑)


まとめ

4月から一人暮らしをする人もオススメできるいい本です!



あと……このレシピ本を読み進めると、調味料の一つに『食べるラー油』がたびたび登場してくるので、欲しくなると思います。

わたし?もちろん買いましたよ(笑)



そんなわけできょうの備忘録はここまで。
最後までご覧いただきありがとうございます。
またどこかの備忘録で(^_^)/~ 赤ペソ先生(@spinf60 )でした。


読者登録すると、ブログ更新した時にLINEでお知らせします♪


↓↓赤ペソ先生が利用しているサービスまとめ

おすすめ

SPONSORED LINK


「この記事がいいね!」と
君が言ったから
3月 8 日は
赤ペソ記念日♪

最新情報をお届けします

Twitterで赤ペソ先生をフォローしよう!