読書メモ

本を読んで気になったとこに、付箋貼ったりメモをしてます?


こんにちは。電子書籍よりも紙媒体派、赤ペソ先生(@spinf60 )です。


唐突ですが、わたし電子書籍のKindle Paperwhiteという端末を持っています。



電子書籍は、端末一つあればたくさんの書籍を入れられるので便利ですが、なーんか読んだ感じがしないのです。


SPONSORED LINK


一番ダメなのは、メモを手書きできないところじゃないかと思うんだな(;´Д`)


電子書籍もマーキングしたり、付箋貼れるけど、そういうことじゃないのですよ。

落書きがしたいんですよ(笑)


※注意※
ここからわりとどうでもいい感じの話が長々と続きます
読書メモにしか興味が無い方は
こちら ↓ をクリックしてください。
【読書メモ】


紙の本の好きなところ

電子書籍に比べて紙の本は重いし、場所も取ります。

それはわかっているんですが、わたしゃ紙の本が好きなのです。

そんなわけで、紙の本の好きなところを書き出してみます。


ページをめくる感じがすき

電子書籍では 左から右、右から左と指を動かすことで

ページめくった感

を出そうとしていますが、リアルにめくるのとはわけが違います。

ページをめくってないから本を読んでいる実感がわかない。


ページをめくる感覚がないから、スマホや電子書籍端末で読んでいる本は、インターネットでウェブページを見ている感じとあまり大差がない。

つまり頭に入ってこないというわけだ。

私の理解能力が低いという可能性も……無いとは言い切れない。


ま、紙の質感が好きと言い換えてもいいです。


好きなページの場所がだいたいわかる。

電子書籍端末でも気になったページに付箋を貼ったり、文章にマーキングすることができる。

Kindle Paperwhiteでは、マーキングしたページを検索することはできますが

本を持って即座に開くということはできません。


紙の本であれば、インデックスを貼ることでよく読むページをスグに開くことができます。


同じページばかり開いていたら、勝手に開くようになるよね。


書き込むことができる。

image

電子書籍と違って紙の本には書き込むことができますよね。

  • 読んでいる時に思いついたこと
  • 気になったフレーズ
  • 関連書籍の情報

などなど

本に書き込むと、より理解が深まると思います。


書き込めるけど、書き込んだら売れないよね……

紙の本には確かに書き込みができます。

確かに書き込みできるんですが……

書き込んだ本は、ブックオフなどの古本屋や、フリマアプリのメルカリでも売れません。


だって……書き込みがされてある本……買いたくないですよね?

私も欲しくありません。


妥協案として付箋を貼っている人が多いんじゃないかと思います。


けど……アイデアをメモに残しておいたほうが、後々考えを整理するのに便利なんだよな……


読書メモを作った

そんなわけで、読書メモをさくさくっと作ってみました。

こんな感じで、凄くシンプルです。

読書メモ

解説無くても使えると思うけど、一応説明します。


タイトルと、作者は入れておかないと、なんの本を読んだのかわからなくなるので入れてます。

ページは、文字通りメモを取ったページ番号。

メモは、思いついたことや文章内のフレーズ抜き書きでもいいし、とにかくメモですね(笑)

右端の縦長の枠は、別々のページのメモが関連していたときや、アイデアをまとめるときなどに使うと良いです。


このメモは本当にメモ用途です。

A4のコピー用紙を置いて書き込むだけでもいいんですが……

本のタイトルとページ番号だけでも残して無いと、なんのメモだったかわからなくなるので作りました。

このメモを元にアイデアをまとめたりノートに書き写したりするといいですよ。


ということで、下のリンクからpdfファイルをダウンロードすることができます。

使ってみたい人はダウンロードしてお使いください。


まとめ

一応作ってみたんですが、もっといいアイデアがあったらコメント欄にご記入ください。

改善してみるわ!


そんなわけできょうの備忘録はここまで。
最後までご覧いただきありがとうございます。
またどこかの備忘録で(^_^)/~ 赤ペソ先生(@spinf60 )でした。


読者登録すると、ブログ更新した時にLINEでお知らせします♪


↓↓赤ペソ先生が利用しているサービスまとめ

おすすめ

SPONSORED LINK


「この記事がいいね!」と
君が言ったから
1月 17 日は
赤ペソ記念日♪

最新情報をお届けします

Twitterで赤ペソ先生をフォローしよう!