image

こんにちは、赤ペソ先生(@spinf60 )です。

暑い……、夏が暑いのは当然なんですが、毎日毎日暑いと冷たい飲み物が飲みたいですよね?

かと言って、外に出るのも暑いわけです。


暑い日中に外に出たくない……。

自宅でカフェ気分を味わいたい……。


そんな皆様に朗報です!

100円ショップのセリアに、カフェ気分を味わえるステキな商品が売られていましたよ♪


SPONSORED LINK


セリア:ツートンドリンクメーカー

image

この商品を見た時、衝撃を受けました。わたしが欲しかったのはコレだ!ってね。


パッケージの上部に印刷されている、この2層のドリンク!めっちゃ憧れませんか?

カバー画像

わたし、家でこういうの作りたくって何度か試したんです……

けど全然うまく行かなかったんですよ(-_-;)

牛乳を注ぐと勝手に混ざって、カフェオレになっちゃうんですよね。(原因はのちほどわかります)


そんな時に見つけたのが、こちらの商品!

カフェのコーヒーがうちで作れるなら、即買いに決まってるじゃないですか!

そんなわけで、さっそくつくってみましたよ!


ツートーンコーヒーの材料

2016-08-09-17-16-22

  • コーヒー
  • 牛乳
  • ガムシロップ 2~3個

作り方

作り方

詳細はパッケージに書いてあるんですが、商品にはコーヒーカップ状の注ぎ口とストローが3本入っています。

まず、下準備として牛乳にガムシロップを溶かしておいてください。

それからストローをコップの深さに揃えて切って、注ぎ口をセット

普通にコーヒーを注いだ後、付属の注ぎ口から静かにガムシロップ入りの牛乳を流し入れると、コーヒーが牛乳に押し上げられます。

ホント不思議。


ただ、牛乳を注ぐ時にちょっと気をつけて欲しい……。

私が注いでいる計量カップの問題だと思うんですが、めちゃくちゃこぼれました(;´Д`)

みなさんもお気をつけ下さい。

2016-08-09-17-17-09


普通にコーヒーに牛乳を注ぐと勝手に混ざっちゃうのに、どうしてカフェのコーヒーは2層に分かれるのか疑問だったんですが、その答えは、糖度の比重でした。

比重

コーヒーと牛乳は比重がそれほど変わらないんですが、ガムシロップを入れることで牛乳の比重が重くなり、コップの底に牛乳を注ぎ入れることで、コーヒーが押し上げられる……ってことなんです♪


そんなわけで完成したのが、こちら!

2016-08-09-17-17-41

初めて作ったにしては、なかなかいい感じじゃないですか?


解説動画

※9分ほどありますのでお時間あるときにでもどうぞ


アレンジもできるみたい

コーヒーと牛乳の組み合わせだけじゃなく、糖度の比重差があれば層にすることができるので

  • アルコールとジュースカクテル
  • アイスティーとジュース

とかもできるし、濃度を変えていけば2層だけじゃなくもっと多くの層をつくることも可能みたい。

作る時は、先に比重が軽いものをコップに入れて、重いものを後から入れていけば作れますよ。

アレンジレシピ

これ、アイデアでドンドン作れるものが増えそうですね!

カルピス原液牛乳炭酸水の層も作れるわけですよ。何の意味もないですけど(-_-;)


まとめ

念願の2層コーヒーをつくることが出来たのでとても嬉しいです。

これで暑い夏をおうちカフェで乗りきれる??かな。


そんなわけできょうの備忘録はここまで。
最後までご覧いただきありがとうございます。
またどこかの備忘録で(^_^)/~


読者登録すると、ブログ更新した時にLINEでお知らせします♪


【オススメ】▶赤ペソ先生が利用しているサービスまとめ


SPONSORED LINK


この記事が気に入ったら
いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

Twitterで赤ペソ先生をフォローしよう!