ヤギ1

ふいに山羊を買いたくなることだってあるわけです。

あ、どうも。赤ペソ先生(@spinf60 )です。

山羊を飼いたいんですよ。ヤギを。


SPONSORED LINK


なぜヤギを飼いたいのか?

最近テレビなどでも取り上げられていますが山羊に除草作業してもらうのが目的です。

わが家の前には耕作放棄地とまでは行かないものの、かなり広いスペースがあり、急斜面な田んぼのあぜがあったりします。

毎年毎年、草刈りをしているんですが、正直めんどくさい。

草は夏の暑い時期にどんどん伸びるので、当然暑いさなか草を切らないといけない。

すると熱中症の危険性が出てくる、自分も親も高齢化してきて草を切るのが困難になってくる。そしてますます草は伸びて、耕作放棄地への道まっしぐら。

そういう状況を打破するために山羊ちゃんを導入したいわけです。

ヤギちゃんにとってはエサ食べ放題、私達にとっては草刈りの手間が無くなるという、まさにWin-Winの環境を準備しているので存分に食べていただきたいのです。そして草を食べてもらいつつ癒やされたいんです。

そんなわけで、山羊ちゃんにおうちに来ていただくために調べ物を開始だ。


山羊はどこで買えるの?

ヤギ3

ヤギを飼いたいと思った時に一番問題なのは、どこで売られいるかなのです。

JAに確認したところ『牛の競り市などはあるが、ヤギはそういうのがないので知り合いから譲り受けるなどではないでしょうか?』とのこと。

それならばしょうがない、自分で調べよう。


ヤギについての情報をググりまくっていたところ、家畜改良センターのページにヒントがありました。

おそらく過去のページだと思うんですが(山羊の飼養に関する答え)が検索にかかって、そこに山羊ブリーダーと言うキーワードがありました。なるほど、ヤギを増やす人は山羊ブリーダーか。調べる際は【山羊ブリーダー】も検索してみると良いかもしれない。

私は熊本に住んでいるので、このページに掲載されていた松永牧場を検索したところ、別の松永さんのようだけど、山羊を販売されている方を見つけることができた。

ただ……うちから3時間位かかる(笑)かなり遠いので悩ましい。


ちなみに家畜改良センター茨城牧場長野支場の山羊の飼養に関するQ&Aの新しいページはこちら。

色々な情報がとても詳しく書かれています。このページを見れば飼う際の注意点なども書かれてあるので、ヤギを飼おうと思っている方は必読。


さらに山羊情報を調べまくったところ、私が住む熊本に関してはくまもと山羊ネットPLUSという団体があるようで、そのホームページにたどり着いた。

そんな団体があることにも驚いたが、この記事を書いているほんの1週間前に山羊サミットというのが行われていたということを知り、もっと早く調べていれば!と愕然とする。

FACEBOOKページがあったので速攻イイねをしておいた。


山羊関連情報

山羊の飼い方については畜産技術協会のページに記載がありました。

ただ、こちらのページには『ヤギの生産物』という記載で美味しいいただきかたなども書いてあって、面白いやら悲しいやらです。

山羊の相談先についてもこちらのページに記載がありました。


山羊の市場価格

ヤギ4

山羊の市場価格については、家畜改良センターのページ(山羊の市場価格|家畜改良センター茨城牧場長野支場)に記載がありました。

大体40,000円~60,000くらいかな。遠方だと送料かかるところもあるみたい。


冬のエサ問題

ヤギ2

春から秋にかけては草がどんどん伸びるので、山羊ちゃんの仕事も忙しく、食事に困ることはないと思いますが、冬には草が生えませんよね。一大事です。食事がありません。干し草が必要だ!


最初に紹介しているダイヤモンドオンラインの記事によると、山羊が1日に食べる干し草は3キログラム程度。

干し草を自分で準備する事ができるならイイんですが、そもそも秋まで山羊ちゃんに草を食べてもらっているので、干し草を作れる程の草が残っているはずがないと思います。

そんな時はJA等から乾草など飼料を購入しなければいけないようです。

ただ、こちらのブログでは1年で一頭あたり7,300円の飼料代と書かれていました。

月に600円位。かなり安いんじゃないですか?


伝染病問題

あと、これはホント重要なことだけど。伝染病問題。

ヤギは牛や豚と同じように家畜伝染病予防法の適用を受けますので、飼う際は事前に各地の家畜保健衛生所(獣医師免許を持つ家畜防疫員がいる)に届け出る必要があります。

出典:ダイヤモンド・オンライン

口蹄疫など家畜伝染病にかかる可能性があるので家畜保健衛生所に届け出る必要がある。

ただし、JAに家畜として登録が必要なのかを確認したら、1頭飼うだけなら必要ないのではないかと言われました。


まとめ

40,000円~で、草刈りの煩わしさから開放され癒やしが手に入ると思えば安い……のではないかな。

ペットと家畜を兼ねる感じで。


私としては数年前から飼いたい気持ちはありまくりなんだけど、最初に小屋を設置する必要もあるので悩み中。

小屋以前に、買ったあと遠方から家に連れて帰るまでが難儀だな。


あと山羊とは直接関係ないんですが、JA阿蘇のホームページ。農業関連のリンクが豊富で勉強になりました。

そんなわけできょうの備忘録はここまで。

最後までご覧いただきありがとうございます。
またどこかの備忘録で(^_^)/~




読者登録すると、ブログ更新した時にLINEでお知らせします♪


↓↓赤ペソ先生が利用しているサービスまとめ

おすすめ

SPONSORED LINK


「この記事がいいね!」と
君が言ったから
5月 27 日は
赤ペソ記念日♪

最新情報をお届けします

Twitterで赤ペソ先生をフォローしよう!