no title

旅行に出かける時に地図を持ち歩いたり、資料をノートに挟んで出かけたいと思ったことありません?

こんにちは、赤ペソ先生(@spinf60 )です。

私は基本手ぶらで出歩きたいので、ダイスキンという小さめのノートだけをポケットに入れて出かけることがあります。記憶力が悪いのでメモ帳は必須(笑)

SPONSORED LINK


でかけた時にスマホの充電が切れたり、電波が入らない時のために地図や資料をノートに挟んでおきたいけど、A4の資料を持ち歩くためだけにバッグを持ち歩くのもめんどくさい。

そんなわけで小さいノートを使っている人に役立つ、紙の折り方を紹介します。


旅人の地図の折り方

no title

引用元:Kyri*ate

「旅人地図 折り方」で検索すると出てくるのですが、

『モレスキン 人生を入れる61の使い方』著者の一人でもあるモレスキンカウボーイことタカヤ・モレカウ(@blanq )さんが、トルコ折りをアレンジして考えた方法です。通称モレカウ折り。

簡単に開いたり閉じたりデキるのでとても便利です。

タカヤさんが書かれた記事に詳しく書かれているのでぜひ読んでみてください。

動画付き(最初と最後が好き(笑))で詳しく解説されていますし、折り目が印刷されたpdfファイルも公開されていますので、印刷して、動画を見ながらやるとわかりやすいですよ♪


折り方のエピソードも好きだな。

こちらの折り方はちょっとだけハサミでカットする必要があるけど、モレスキンのポケットサイズやダイスキン・セリスキンのA6サイズにピッタリの長さになる

ミウラ折り

ミウラ折りは、人工衛星のパネルの展開方法を研究する過程で生み出され、身近なところでは地図の畳み方に使われている。

A4サイズの紙を折りたたんで貼る方法について調べていた時に、見つけたのがこのミウラ折り。

こちらも片側をノートに固定していれば、手前に引くだけで簡単に開き、戻す時も難しくないのでオススメ。旅人の地図の折り方よりもコンパクトにできるけど、厚みが出るのが問題。


ミウラ折りの折り方


1.短辺を奇数に折る

no title


短辺を奇数に均等に折ります。偶数に折っちゃうと紙の端が内側に折り込まれるので開けづらくなります。

5等分は難しいので3等分に折るのをオススメします。

3等分する時は、最初に紙を半分におって印をつけ……

no title


その2等分でつけた折り目を目印に3分割にします(うまい説明が見つからなかった(笑)動画見て下さい)。

no title


2.角度をつけて折る

貼り付けたいノートの幅に合わせて折っていくのがよいかもしれない。

no title


6°の角度をつけて折っていくのが正解らしいが、適当であります。

no title


問題はここからで、折り返した紙が並行になるように折る。

1番上と3番目の折り目が並行。2番めと4番目が並行になるように折っていく。ちゃんと幅を計算してれば余ることなど無いけど、余ることもある。そんな日もある。にんげんだもの。

no title


3.開いて折りなおす

開くと折り目がついています。

no title


長辺方向が山折り谷折りになっているのを、短辺方向に折り変えて行きます。

この時に折り目をしっかりつけていたほうが作業がしやすいです。

no title


折り目を変えるとこんな感じになります。

no title


あとは、たたんで完成。

no title


貼り付けた状態から開くとこのような感じになります。

no title


動画

画像ではわかりにくいかもしれないので、動画も用意しておきました。5分程度なので時間があるときにでもどうぞ(^o^)



まとめ

資料をただ貼りつけるだけなら、モレカウ折りやミウラ折にする必要はないんだけど、開いたり閉じたイリする必要がある資料は、この手法で貼り付けておくとすぐに開いてみることができるし便利です。後破れにくくなりますしね。

ぜひお試し下さいませ(^o^)


そんなわけできょうの備忘録はここまで。

最後までご覧いただきありがとうございます。
またどこかの備忘録で(^_^)/~


読者登録すると、ブログ更新した時にLINEでお知らせします♪


【オススメ】▶赤ペソ先生が利用しているサービスまとめ


SPONSORED LINK


「この記事がいいね!」と
君が言ったから
3月 14 日は
赤ペソ記念日♪

最新情報をお届けします

Twitterで赤ペソ先生をフォローしよう!