no title

昭和生まれ昭和育ち、昭和ブロガー赤ペソ先生(@spinf60 )です。

昭和ブロガーって呼ぶと、なんか平成ライダーみたいでカッコいい!…………ごめん、やっぱそうでもなかった(笑)

SPONSORED LINK



生まれた年代が違うと、その当時流行っていた曲やファッションも全然違いますよね。

昭和生まれの人には常識的な物や出来事であっても、平成生まれには「??」というものがあると思うんです。

そんなわけで、今回の商品

「なつかし~」と思ったら昭和生まれ

「何それ?」と思ったら平成生まれ ……かも知れない(笑)


ダイソー:カーボン紙A4片面筆記用

no title

商品カテゴリ:画材 No.94

JANコード:4984343483156

カーボン紙とは

カーボン紙(カーボンし)とは、書類の間に挟み複写を行うために用いる感圧紙である。略して「カーボン」ということもある。筆圧が感圧紙を通じて下の紙に伝わり、感圧紙が裏写りする仕組み。(引用元:Wikipedia

ものすごーく簡単に言ってしまうと、片面に黒い塗料が塗られた紙です。

Wikipediaから続けて引用します。

感圧紙自体は、すすや蝋、油などを混ぜて耐久性のある紙に染みこませて作られる。このため一般的な製品の外見は黒色。PPC複写機(コピー機)が無かった時代には、官公庁などの事務仕事には重要な文房具であったが、印刷時にカーボンインキを塗布できるカーボン印刷用紙や書類を汚さずに複写ができるノーカーボン紙が発明されると需要は減少した。

手書きの領収書や請求書などにボールペンで記入すると、下の紙に字が青く転写されますよね?

あのタイプがノンカーボン紙というものです。

ノンカーボン紙以前は、記入する紙転写したい紙の間にカーボン紙をはさんで字を書くことで、下の紙に文字がコピーできていたんです♪

今ではノンカーボンが主流なので、カーボン紙の出番がなくなったなぁと思ってたら、画材として売られていたのでビックリしました。

no title

昔なら事務用品というカテゴリだったかもしれないけど、文字を転写する役割はコピー機やノンカーボン紙に取って代わられてしまって『絵柄やイラスト等の複写』という用途で出されているみたいです。


カーボン紙の良い点・イマイチな点

そんあわけでカーボン紙の良い点とイマイチな点を書きます。懐かしがりながらも厳しく接します。

良い点

手軽に複写できる。

手書きのイラストなどをコピーする時には便利。黒いカーボン紙なので、ぬりえを作るために線画をコピーしたりね。

イマイチな点

原本がダメージを負う

『絵柄、イラスト等の複写に』と書いてありますが、複写をする場合原本をボールペンや鉛筆など硬いものでなぞらなければいけません。

そうすると原本にインクなどが付きますし、ボールペンや鉛筆の凹みもつきます。原本がダメージを負ってしまうのはかなり痛いですよね。

オススメの使い方は、原本の上にトレーシングペーパーを置いて書き写し、それを元にカーボン紙でコピーするという手法ですが、これは確実に劣化コピーされていくしめんどくさい(笑)

普通にコンビニコピーしたほうがよさ気。

ちなみにトレーシングペーパーもダイソーで売っていました。

まとめ

複写するにしても原本が傷んでしまうので画材としてではなく、例えば手紙をかく時に、カーボン紙の下にコピーするための紙を敷いて複写すれば、相手に送った手紙と同じものが手元に残る。という使い方もできるかと思う。

ただ結論から言うとだよ、コピー機や複合プリンターが家にある現在では、あまり使いみちがなさそうな気がするぞ(笑)

私が新人として会社に入った頃、コピー機はあったんですが手書きの書類の複写や、領収書・請求書など、まだまだカーボン紙を使っていました。

ダイソーでカーボン紙を見た時あまりの懐かしさに買ってしまいましたが、トレーシングペーパーの方がまだ楽しめるのかもしれない。

あと、昔両面タイプのカーボン紙もあったけど、あれなんで両面だったんだろ?長く使えるようになかな?裏に写ってなんかやだなと思った懐かしい記憶(笑)

そんなわけで、今回のカーボン紙。

世界昭和文具遺産に認定です♪(NHKのニャンちゅうワールド放送局知らない人にはわからないかもしれない(笑))

最後までご覧いただきありがとうございます
そんなわけできょうの備忘録はここまで
またどこかの備忘録で(^_^)/~


読者登録すると、ブログ更新した時にLINEでお知らせします♪


【オススメ】▶赤ペソ先生が利用しているサービスまとめ


SPONSORED LINK


この記事が気に入ったら
いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

Twitterで赤ペソ先生をフォローしよう!