2d8daf44052fc8a86c84b41ea119a724_s

人生には悩みがつきもの………。

SPONSORED LINK


どうも、赤ペソ先生(@spinf60)です。

自宅警備員のわたくしにも、人並みに悩みがあります。
とりあえず、一番の悩みは、このままダラダラとブログを書いていては生活が困窮するわ!という、お金問題ですけどね(笑) 笑えねー。仕事しろ。


悩み多き人生

さて、ここから「悩み」についての話を書こうとしていたのですが、書いている途中で先週木曜に書いたアドラー心理学の本『嫌われる勇気』の記事と、もろかぶり、どころか、全く同じ事を書いていた自分に気づいて愕然としましたorz

『どこかで見たようなこと書いてるなぁ、これがデジャブか』と思ったらほんとに書いてたよ。いや、びっくりしたね。やばいやばい。

あまりのショックで手が止まってしまいました。ので、通常よりも公開時間が遅くなっております。

そんなわけで、急に行き詰ったので、冒頭の話に戻ろうかな。



私は今、こうやってブログを毎日書いています。
あと、YouTubeにも動画をあげていますが、毎日のつもりが毎週レベルです (*_*;
(毎日百均とかタイトルつけちゃったけど(笑))

ま、どちらもそこから月3万ずつくらい収益になれば良いな~と夢見ながら書いたり、動画を作ったりしていますが、ま、ご想像通り全然ですよ(笑)

ただ、このブログや動画作成は、私がやろうとしている事の練習というか、下準備です。
正直今年は赤字覚悟で練習を積み上げていっているのです。

 
こちらのマンガでも紹介されていますが、プロとか、天才とか言われている方々は、だいたい練習時間が10,000時間を超えているそうです。
しかも、子供の時点では、才能に違いは無いと。プロでやっている人はもれなく10,000時間以上練習をしていると。

子供に才能が無いんじゃないんですよ。
大人に才能が無いわけでもないんですよ。
練習が足りないだけなんです。

実体験としてあるのは、例えば料理。

最初は計量カップを使ったりしてきちんと計っていても、毎日毎日繰り返すことで、いちいち計らなくてもバシッと量が決まる事がありますよね。

『我ながら天才!』とか、思いますよね。

それ、ホントに天才だったんです。多分調理時間が10,000時間超えてます。


教育改革実践家の藤原和博さんは、こう言います。
年収1000万円から1億円を目指すための人生戦略 - ログミー
 

世界中でそういう研究があるんですけども、1万時間やり続ければ人間は1つのことをマスターし、その分野において、100人に1人ぐらいにはなれる、と。

次なんです、問題は。今度は30代から30代の後半、40代の前半までかけてもいいんですけど、今度は右足。右の軸足は、同じ分野でやらないで、例えば経理一直線とかですね、受付一直線じゃなくて、別の分野。 しかもこの左足の軸足もありますから、右足に近いところに出していいです。経理だったら財務だったり、受付だったら広報だったり、広報だったら宣伝だったり、というような感じで近い分野でいいいんで、踏み出してほしい。こっちに、右足ね。 この両方で100分の1×100分の1、つまり1万人に1人の希少性が確保されますよね。

正直な所、年収1,000万は正直どうでもいいんだけど、自分の価値を高める事ができるのならば、片足踏み出して、違う分野で練習を積み重ねても良いのではないかなと思って、私は、今こうやってブログを書いています。全然時間は大したことないけど(*_*;

10,000時間は長いよ!と思う方がいるかもしれませんが、再び藤原さんの話を引用します。

1日3時間やるじゃない。365日やったら1000時間じゃん。そしたら10年でしょ。1日6時間ずつ取り組んだら5年なんですよ。

皆さんそのように今の仕事をマスターしたはずだし、例えばかなりテニスが上手い人だったら、絶対、中、高と1万時間くらいやったから、かなりベースができてるんじゃないかと思いますよ。というようなわけでみなさん、そのようにマスターしてるんで、それを応用すればいいっていうだけの話なんです。




まとめ

才能がないとか言うのは、幻想だ。
とにかく練習しろ。そう自分に言い聞かせます。

毎日13時間練習したら、約2年でマスターできるぞ!!


そんなわけできょうの備忘録はここまで。
最後までご覧いただきありがとうございます。
またどこかの備忘録で(^_^)/~


読者登録すると、ブログ更新した時にLINEでお知らせします♪


【オススメ】▶赤ペソ先生が利用しているサービスまとめ


SPONSORED LINK


この記事が気に入ったら
いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

Twitterで赤ペソ先生をフォローしよう!