1578baf979ddeed9e9b9298b7a38484d_s
理不尽な怒り というものに、まれに出会うことがあるよね。

SPONSORED LINK


こんにちは。怒られることが多い、赤ペソ先生(@spinf60)です。

失敗の多い人生です。


自分の不注意で失敗して叱責を受けるのは当然の事と諦めがつくんですが

自分の責任じゃ無いのに怒られたり……

相手が悪いにもかかわらず怒られたりすると本当にうんざりします。


今回は、私が経験したことから、理不尽な怒りに対応する4つのステップをお話します。


理不尽な怒りをぶつけてくる人がいる

わたしは過去に、道路工事現場で交通誘導をする仕事をしていました。


夏は暑さで熱中症で倒れそうになり、冬は寒さで凍え死にそうになる、あの過酷な仕事です。


交通誘導をしている時に、心無い言葉……というか、文句を言ってくる人が結構いたんです。


「いつまで待たせるんだ。こっちは急いでるんだ」

とか

「なんの権利があって止めてるんだ」

とかね。


急いでいるのは十分わかるし、警備員には特別な権限は無いので、みなさんの協力のうえ止まってもらっているので、ホント申し訳ない……と思っているんです。


ただ……何のために車を止めているのか?ってのが全っ然わかってない。

(対向車両が来てたり、作業車両があって『危険だから』車を止めているんです)


「勝手に行っても良いんですけど、事故に遭うのはあなたですよ」というのをぐっとこらえて

「申し訳ございません」と言いつつ車両停止の協力を頂いているんです。


この時に気づいたことがあるんです。

警備員じゃなくて、信号だったら文句を言わないんじゃないか?って。


怒りは、相手がいるからこそ吐き出される

信号が青に変わるのが遅いからといって

信号に向かって

「いつまで待たせるんだ。こっちは急いでるんだ」

とか

「なんの権利があって止めてるんだ」

とか、怒鳴ったりしませんよね?


機械に文句を言っても、聞いてもらえませんものね。


『いつになったら変わるのかな~』とイライラしながら思うかもしれませんが、最近の工事現場用信号はだいたいカウントダウン表示が出るので、それさえも無いかもしれません。

とすると……

なぜやたらと人に当たるのか?

文句を言ってくるのか?ですよね。


思うに、

相手に自分の話をきかせて、優位に立ちたい

と思っているからではないかと。


優位に立てたからといって、必ずしも優遇してくれるとは限らないんですけどね。

そういう人の話は本当に聞きたくないので、スルーしたいのはやまやまですが、そういうわけにもいかないのだ。


怒りに対応する4つのステップ

優位に立ちたい人にどのように対処するのが一番良いのか?


例えば先ほどの工事現場の例で言うならば……

怒られるのに、相手の要求を飲むこともできない、板挟みなのですよ(*_*;


そんなわけで、優位に立ちたい相手には

  1. まず、優位に立ってもらう
  2. 事情を理解していただく
  3. 相手を思いやる
  4. 問題解決にどのくらいかかるかを伝える

というのが、ベストではないのかと思うわけです。


1.優位に立ってもらう

相手は自分の要求を飲んでもらいたい気満々なので、こちらが不快感を出して怒ってはダメです。

まず、相手の要求を飲む姿勢を見せるために、相手を持ち上げて謝罪しておきます。

(さようでございますか、申し訳ございません)


2.事情を理解していただく

とは言え、こちらの要求もあるわけです。

そちらの要望を飲みたいのはやまやまですが、今、こういう事情なのですと、お伝えする。


不安や、不満は状況がわからない事に対して噴出します。

(現在、工事車両が出ておりまして大変危険です)


3.相手を思いやる

『こちらは不満を我慢しているんだぞ』という気持ちを汲んで思いやることで、相手の怒りが弱まる可能性があります。

(今通りますと、事故に遭う可能性がございます)


4.問題解決にどのくらいかかるかを伝える。

ここが一番のキモです。

結局『急いでるのにいつまで待たせるのか』

とか

『どうしてくれるのだ』

と思っているわけですから、次のアクションまでにどのくらいの時間がかかるのかを明確にする事が必要です。


(あと◯分程度で通れるようになりますので、少々お待ちください)


まとめ

怒りにも多様な種類があるので、一概にこれが正解!というものは無いと思いますし、今回の例に当てはまらないのですけど、怒れる人への対応のひとつとして参考にしていただければ幸いです。


そんなわけできょうの備忘録はここまで。
最後までご覧いただきありがとうございます。
またどこかの備忘録で(^_^)/~


読者登録すると、ブログ更新した時にLINEでお知らせします♪


↓↓赤ペソ先生が利用しているサービスまとめ

おすすめ

SPONSORED LINK


「この記事がいいね!」と
君が言ったから
10月 3 日は
赤ペソ記念日♪

最新情報をお届けします

Twitterで赤ペソ先生をフォローしよう!