こんにちは、赤ペソ先生(@spinf60 )です。

『初盆参り』で、初盆を迎える家に行くことになったんですが……わからないことだらけなので実際にやった事をまとめました。


SPONSORED LINK


『初盆参り』とは

初盆

故人が亡くなって初めて迎えるお盆を初盆はつぼんと呼びます。地域によっては新盆にいぼんと呼んだりもします。

初盆の際、初盆参りといって、故人のお宅を訪問し挨拶とお参りをするのですが、我が家では今まで主に母が訪問していました。

しかし今回……ご近所数件は、私が訪問することに!!


ほとんど経験したことがない&コミュニケーション下手なコミュ障人間のわたしです。

慣れない事をするのがこわい怖い。

何しろわからないことだらけなので、わからない点を書き出して対策を練りました。

みなさんのお役に立てば幸いです。


1.何を着ていけばいいのかわからない

2bf906058cf864dfb8dc0173d12dbc4d_s

初盆と言っても、食事の席を設けて親族で行うタイプのものには、礼服を着て行けば良いのはなんとなくわかります。

ただ……今回の問題は

  • わが家の葬儀に参列してくださった方
  • つながりがある方
  • 付き合いがある方

これらのお宅に、どのような服装で、何を着ていくのか?が問題なのです。


結論から言うと……

派手じゃない格好ならよいみたい。

男性なら襟付きのシャツ(半袖ワイシャツ、ポロシャツ等)+ 折り目のあるズボン(スラックス)の組み合わせでOK。


女性なら黒かグレーっぽい服装。

男女ともクールビズのスーツ姿で伺えば無難だと思います。


正直なところ、ジーンズじゃなければ良いような気もします。


今回訪問したお宅(訪問先の相手側)では、礼服を着ている方もいらっしゃいましたが、ほとんどの方が普段着でした。

つまり……、礼服着ていくと逆にかしこまりすぎた感じになると思います。

男性はネクタイ無しで良いみたい。

暑い時期ですしね。


私はヘタレなので

  • 礼服のズボン
  • 白のワイシャツ長袖

で訪問しました。


次回からは

  • 白の半袖シャツ or 白かグレーの半袖ポロシャツ
  • 下はスラックス

で訪問しようと思います。


2.お金をいくら包めばいいのかわからない

不祝儀袋

金額の相場が全然わからない!


当初わたしは

『1,000円くらいで良いんじゃないかな?』

と思ってたんです。


ところがこれは全然見当違い。

こういうところで常識の無さが現れます(汗)


今回はご近所での初盆なので、私の父・祖父が亡くなった時に初盆参りに来てくれたご家庭への訪問でした。


ということで、事前に

いくらいもらっていたか?

を調べることができました。


先方が持ってこられていたのは

3,000円+酒1升+野菜


酒と野菜をお金に換算するとしたら、合計で大体5,000円くらいの計算。

ということで今回は、5,000円を封筒に入れて持参しました。


一般的には

  • 3,000円
  • 5,000円
  • といったところのようです。


    以前いただいている場合はその金額に合わせる。

    もしそういった情報がない場合、関係が近い方は高めに持っていけばよいと思います。


    お金を持って行く際の不祝儀袋は黒白の結びで、御佛前にしました。表書きは先方の宗教によります。

      仏教系だったら
      御佛前
    • 神道系だったら御霊前
    • どちらかわからなければ御霊前

    という風にしておけば無難だと思います。


    3.挨拶の流れがわからない

    初めて経験するわたしにとって、一番の難所です。

    玄関から入って、挨拶をして、出て行くまでの一連の流れがさっぱりわからない(・_・;)


    ということで、順を追って解説します。(一般的な仏教の流れで進めます)


    訪問~挨拶~退室の流れ

    ★数珠と100円玉1枚を忘れないようにしましょう。

    地域によっては100円いらないかもしれませんが、ポケットに忍ばせておくと良いと思います。

    あと……神道系は数珠不要です。




    1.玄関~仏壇まで

    玄関

    • 「こんにちは。お参りに伺いました」と軽い挨拶をして玄関から入る。
    • 先方に軽く会釈をして、仏壇に向かう。


    2.仏壇前~客間

    仏壇

    • 100円(お賽銭)を載せてあるお盆が置いてあるようだったら、100円を置く
    • 不祝儀袋の向きは自分から字が読める向きで良いが、他の方が逆に供えているのならばそれに合わせる。
    • 線香1本とり、火をつける(半分に折るところや1本そのままのところ、寝かせるところや立てるところがあるが、これは灰を注意深く観察すれば把握できる、灰がランダムに倒れていれば立てるタイプ。キレイに並んでいれば寝かせるタイプ)
    • 線香を供えたら、鐘(鈴-りん っていうらしいですね)を鳴らして合掌礼拝。


    客間で遺族の方に挨拶

    麦茶

    ここが一番難しい。

    • 「このたびは初盆で……お寂しゅうございます」「このたびは……静かな初盆でございます」など口上を述べる。先方からお茶を出されるので、いただきながら世間話をする。※お寂しゅうございますという表現は、わたしが住んでる熊本阿蘇地方の言い回しだという情報を仕入れました。一般的じゃないかもしれないです(汗)。

    • 世間話が苦手な私には帳難題なのですが、一般的には天気の話から入ると無難。
    • 「だいたいお盆頃には暑さも落ち着いてくるんですが、今年はいつまでたっても暑いですね」とか「毎日暑いですが今日は雨のせいもあって、過ごしやすいですね」とか。

      そこから天気つながりで「暑い日が続きますがお体は大丈夫ですか?」とか「亡くなられてから時間が経つのは本当に早いですね』など、3~4回のキャッチボールを目処に話を進める。


    4.退出~玄関

    • 他に来られている方も帰るようだったら、同じタイミングで出ると、とても出やすい。
    • そうでない場合、話が途切れてきたところで「それでは、そろそろ……(失礼します)」と、先方に軽く会釈した後、その席から仏壇を向き、数珠を手に持ってお参りして席を離れる。
    • 帰り際に、お返し(志)を渡されるので、いただいて帰る。


    まとめ

    今回わたしは、このような流れで対応したのですが、一番むずかしいのは、挨拶……かな。

    お参りだけをしてササッと出てしまうのは味気ないし、雑談力を鍛えなければいけないという、悩めるアラフォー男子でありました。



    そんなわけできょうのブログはここまで。

    最後までご覧いただきありがとうございます。

    またどこかのLogで(^_^)/~


読者登録すると、ブログ更新した時にLINEでお知らせします♪


↓↓赤ペソ先生が利用しているサービスまとめ

おすすめ

SPONSORED LINK


「この記事がいいね!」と
君が言ったから
8月 12 日は
赤ペソ記念日♪

最新情報をお届けします

Twitterで赤ペソ先生をフォローしよう!