車のブレーキランプは『踏んだ強さ』で表示を変えるべきだと思う

car_back

こんにちは。赤ペソ先生(@spinf60 )です。

もうタイトル通りなんですけどね、常々思っているんですよ。

車のブレーキランプは、踏んだ強さによって変わる仕様にすべきだ

自動車のブレーキランプは踏んだ強さで表示を変えてほしい

車を運転してていつも思うんですが、ブレーキランプ、あれもうちょっと改良の余地があるぞ。

車を運転中に、前方に突然人が飛び出したり、障害物が現れたら急ブレーキを踏みますよね?

急ブレーキを踏んだ本人はめちゃめちゃ焦ると思うんですが、もっと焦るのは、急ブレーキをかけた車の後ろを走ってる人だと思うんですよ。

何が起きたのかわからないから、とにかく急ブレーキを踏むしかなくてね。

急ブレーキからの追突事故だってありえるわけです。

そんなわけで私は常々思っているんです。

車のブレーキランプは、踏んだ強さによって表示が変わるようにすべきだ

ちょっとわかりにくいかもしれないけど、こういうことです。

  • 軽くブレーキを踏んだら、ランプ1つ点灯 → ■□□
  • 中強度で踏んだら、ランプ2つ点灯 → ■■□
  • 急ブレーキだったら、ランプ3つ点灯 → ■■■

こんな感じにしてくれれば、前方を走ってる車が

  • 信号で止まらなくてもいいように、ゆっくりブレーキを掛けて時間調整しているのか
  • 前方に障害物が合って、急ブレーキを踏んだのか

一目瞭然ですよね?

これやるだけで無駄な追突事故が減らせる気がするんですけど、どうでしょう?

まとめ

自動車メーカーさん……お願いします!

ま、そもそもの話をするならば、急ブレーキを掛けなくていい運転をこころがけるべき……だけどね。

そういえば……車についてはこんな記事も書いています……

そんなわけできょうの備忘録はここまで。

最後までご覧いただきありがとうございます。

またどこかの備忘録で(^_^)/~ 赤ペソ先生(@spinf60 )でした。

この記事を書いた人

赤ペソ先生

赤ペソ先生

とにかく仕事をしたくないオッサンです。自分の好きなペースで働きたいので、契約社員+在宅ワークの複業で生計を立てています。#今日の買物 ヤギと昼寝が大好き。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします