遅いPCを SSDで復活させよう!

IMG_0825

赤ペソ先生
速いパソコンに慣れると、ちょっと前のパソコンってものすごく遅く感じるよね……

こんにちは。パソコン大好き、赤ペソ先生(@spinf60)です。

我が家には使えるような、使えないようなノートパソコンが3台あります。

ThinkPad大好き人間なので、ThinkPadばかり使っているのです。

(ホントはMacBook欲しい)

今年購入した、ThinkPad X1 Carbonをメインに使っているのですが、

さすがに新しいのでキビキビ動きます。

 

ただ、R51eは、以前書いた記事(古いPCには、Linuxを入れて活用)でもわかるように、10年以上前のもので、WindowsXPが入っていたパソコンなので激遅です。

こちらのパソコン、一応Windows10の評価版をインストールすることはできたのですが、さすがに動作が厳しすぎるので、Linuxの道を進むことに決めました。

で、もう1台のT510ちゃんですが、Windows7が入っていたパソコンで、今年春頃まで普通に使えていたのに、最近さわったら急に遅くなっていたわけです。機嫌を損ねたかな。

起動も3分くらいかかるし、ブラウザを開こうにも、いちいち動作が止まる。

けど、Windows10にアップグレードしちゃったし(それが原因じゃないのか?)

画面は広くてタイピングしやすいから、どうにか使いたいなぁと思っていたわけです。

 

そうそう、以前の記事でも、少し触れてました。SSDに変えるつもりだったから、リカバリしたら失敗したんだったなぁ(^_^;)

 

Windows8.1から Windows10 にアップグレード失敗したり成功したりした話。

そんなわけで、一度試してみたかったハードディスクをSSDに交換する作業をやてみたいと思います。

作業時間目安:3時間

 

SSD(ソリッドステートドライブ)とは

IT用語辞典によりますと

SSDとは、記憶媒体としてフラッシュメモリを用いるドライブ装置。ハードディスクドライブ(HDD)と同じ接続インタフェース(ATAなど)を備え、ハードディスクの代替として利用できる。

SSDはハードディスクのようにディスクを持たないため、読み取り装置(ヘッド)をディスク上で移動させる時間(シークタイム)や、目的のデータがヘッド位置まで回転してくるまでの待ち時間(サーチタイム)がなく、高速に読み書きできる。また、モーターが無いため消費電力も少なく、機械的に駆動する部品が無いため衝撃にも強い。

ハードディスクのような記憶装置なのですが、ざっくり言うと、SDカードやUSBメモリの容量が大きい物といった感じです(ざっくりしすぎています(笑))

ハードディスクは、ディスクを回転させて読み書きするので、動作音がしますし、ディスクを回転させるため時間もかかり、電力も消費します。

SSDはそのような部品がないため、高速に読み取りが可能で、なおかつ消費電力も少なく衝撃にも強いというわけです。

 

準備するもの

SSD

これが無いことには、何もできませんよね(笑)

今回、私は、Amazonでトランセンドの256GBのものを購入しました。

今は10,000円くらいで買える世の中になったのでありがたいです。

※3年保証なんですが、保証を受けるためには購入日から30日以内に製品登録しないといけないので気をつけてね。

 

SATA HDD/SSD クレードル

SSDだけ買っても、パソコンのデータをコピーする事ができません。

(USBケーブルやSATAという形式のケーブルが無いので)

ですので私は、裸族のお立ち台と呼ばれる商品(に似たもの)を以前購入していたのでそれを使うことにしました。

こちらは、ハードディスクやSSDを上から指して、USBケーブルでパソコンにつないで認識させることができるものです。

外付けハードディスクのように使えるケースのタイプのものもあります。 こちらのほうが日常使えるかな。

精密ドライバー

パソコンの裏ぶたを開けたり、SSDをケースから外すのに使用しました。 100円ショップの物を使いました。

 

手順

さて、それでは具体的な手順に進んでみます。

ハードディスクをコピーするソフトをダウンロード&インストール

当初わたしは、トランセンドのパッケージに書かれていた、SSD Scopeというソフトをダウンロードしました。

ところがどうもうまく動作してくれないので、結局別のものをダウンロードしました。

 

EaseUS Todo Backup Free(イーザス トゥドゥ バックアップフリー )

というソフトです。

フリーという名がついていますので、もちろん無料で利用することができます。

こちらのページからダウンロードできます(メールアドレスの登録が必要です)

 

SSDをパソコンに繋いで認識させる

買ってきたばかりのハードディスクやSSDは、そのまま繋いでも認識しません (というのを、やっている途中で知りました(-_-;))

こちらの方のページを参考にさせていただきました。

 

データをコピー

EaseUS Todo Backup Free を起動すると、画面右上にクローンという項目があるので、そこをクリック。

スクリーンショット 2015-10-28 17.48.08

 

すると、上段に現在のハードディスク、下段にSSDが表示されるのではないかと思います。

スクリーンショット 2015-10-28 18.11.25

ソース というのがコピー元(パソコンのハードディスク)

ターゲット というのが、コピー先(SSD)です。

お気をつけ下さい。

ハードディスクの容量にもよりますが、2時間位コピーにかかると見ておいたほうが良いかもしれません。

 

ハードディスクとSSDを交換

交換作業は、簡単でした(ThinkPadだからかもしれないけど)。

裏ぶたをはずして、ハードディスクをケースから外し、SSDと付け替えて、蓋を閉める。

※注意すべきは、アダプターとバッテリーはキチンと抜いておきましょう。

解説動画

動画は暇な時にでもご覧ください。

まとめ

交換の結果どうなったか……というと、

  • 交換前:電源投入~起動まで 3分
  • 交換後:電源投入~起動まで 50秒

想像していたより、めっちゃ早くなっててビックリ!

動画内でも言っていますが、交換前はブラウザを開くのでさえも、結構待たなければいけなかったのに、それが驚くほどの速さ。

ちなみに、今回の動画ももっさりしていた、ThinkPad T510で編集しましたが問題なく使えました。すごいぞSSD。

それもさることながら、地味にすごいと思うのは、何の問題もなく以前の環境がそのままコピーされてること。

ちょっと古いパソコンで『なんか最近遅いなぁ』と思っているのなら

新しいの買う前に、1万円(+ケースが2,000円くらいかな)で復活するので、試す価値ははあると思いますよ。

 

 

そんなわけできょうの備忘録はここまで。
最後までご覧いただきありがとうございます。
またどこかの備忘録で(^_^)/~

この記事を書いた人

赤ペソ先生

赤ペソ先生

とにかく仕事をしたくないオッサンです。自分の好きなペースで働きたいので、契約社員+在宅ワークの複業で生計を立てています。#今日の買物 ヤギと昼寝が大好き。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします