営業電話・飛び込み営業・宗教勧誘の断り方

5d95f867473d318b7e24acafe9b2dbc6_s

いつも家にいるけど、ヒマではないのだ!

こんにちは。だいたい家にいる、赤ペソ先生(@spinf60)です。

皆さんは、飛び込み営業とか、営業電話って好きですか?

好きな人いませんよね?

今回は、そういう嫌な営業を断る方法についてのお話です。

前半長いので、断り方だけ見たい方はこちらからどうぞ→(断り方へ)

ある日、飛び込み営業がやってきた

わたしはフリーランスなので、自宅でお仕事をしています。

そんな、ある休日。パソコンに向かって仕事していたんです。

(まぁ大半が休日みたいなもんですけど)

すると妻から

「誰か訪ねてきたよ!ヤナセとか言ってる」

とか言うものですから

『輸入車販売のヤナセかしら?』と思ったわけですよ。

『バスが1日2本しか通らない、こんなド田舎の金もってなさそうな家にベンツを売りに来るとは、ヤナセもどうかしてるぜ!』

と思ったわけですよ(ヤナセ関係の方すみませんm(_ _)m)。

で玄関に行ったところ男性が2人おりまして……

ごく簡単に言いますと、某宗教の勧誘だったわけですよ。

『ほほぅ。今日は女性2人じゃないのか』 

などと、わけのわからないところで感心したりしてね。

ただ……私は飛び込み営業も、宗教の勧誘も、営業の電話も大っ嫌いなのだ。(宗教の話題はまた別の機会に話したい)

訪問営業のここが嫌

私も以前の職場で営業経験があるのですが、ホント飛び込み営業はやりたくないです。

それは……自分のところに来た飛び込み営業に、いい印象の営業なんて いたためしがないからなんですよ。

そんなわけで、どういうところがイヤなのかをまとめてみます。

1.空気を読まない

飛び込み営業の人たちは、アポイントもなく突然やってくるわけですよ。

こちらの都合なんてお構いなしです。

私、いつも家にいるといってもヒマじゃないわけですよ。

それなのに、こちらが何やってたかなんてお構いなしに、勝手に話をし始めるでしょ?

もー、そういうのがほんとうにイヤ。

今回来られた、宗教の勧誘のかたも

「冊子だけでもいかがですか?」 とか言ってきたわけですが、

私は、割とバカ正直なので

『読みもしないで そのまま捨てますので、もったいないからいただきません』

と言ったわけです。

そういたしますと、今度は

「昨今、痛ましい事件が起きていますよね、そういうのはどうお考えですか」 とか、言い出しちゃってね。

もうそんなのどうでもいいから、とにかくサッサとお帰りいただきたい。

しかも、よくよく考えると、痛ましい事件が起きているのは昨今の話じゃなくて……結局のところいつだって痛ましい事件は起きているのですよ。

話を聞いてても全然らちが明かないのです。

あと

「40年ぶりに地元に帰ってきて担当になりましたので…」とか言われたのですが、それはなんのアピールにもなっていないです(;´Д`)。

そんなわけで、結局

『すみませんが、全く興味がないのでお帰りください』

と、なんのひねりもない言葉で帰っていただいたわけです。 

そうすると……次のにつながるのですが

2.どちらも嫌な気分になる

『空気を読まない』のよりもこっちのほうが致命的で、優雅な休日、土曜の午前中から不快な気持ちにされてしまうわけです。

こちらは作業を中断してまで出て行ったら無駄な話だったし

営業や勧誘する側にしても

  • 「さっきの言い方はないよね」とか
  • 「嫌な気分にさせられたね」とか

愚痴ってる可能性が大いにあるわけです。

そもそも、あなた方が飛び込み営業してこなければ、どちらも嫌な気分にはなりはしないのですよと問いただしたい。

そんなわけで、はっきり言って誰も得をしないのではないかと思んですよ。

WinWinならぬLoseLoseですよ。

あと、訪問ではないですが、営業の電話ね。

健康食品とか、健康器具とかの。これもホントにかんべんしてほしい。

基本留守電にしたい。

営業電話・飛び込み営業・宗教勧誘の断り方

そんなわけで、いろいろな断り方についてのお話です。

営業電話の断り方

一応、電話に関しての対応はずいぶん前から統一していています。

「今ちょっと忙しいので、必要な時に、こちらから電話させていただきます。電話番号と名前を教えていただけますか?」

と言ってます。

だいたい怪しい業者の方は名乗らずに切ってくれます(*_*;

ちゃんと教えてくれる方もいますが、番号は控えません。

だって必要としていないから。

そもそもナンバーディスプレイなので番号はわかっているけど、こう言っておくと……

『めんどくさいやつだな』

と思ってくれるようです。

飛び込み営業・宗教勧誘の断り方

訪問販売は対面なので、チャイムがなったら出ないわけには行かないし、確実に時間を奪われる。

そんなわけで、つねづね

『なんか良い感じで断る方法無いかなぁ。めんどくさいなぁ』

と思ってました。

そんな時YouTubeでこちらの方の動画を見て、マネすることにしました。

こちらの動画で解説されている宇田さんも、自宅でお仕事をされているようで、ホントに飛び込み営業が嫌いなようです。

それで……

セールス・勧誘お断りしませんが、10分につき3,000円いただきます 

というプレートを作成されたそうです。

ちなみに、こちらが後日談

意外と効果があるみたい。

私が電話でお断りするときと同じように、相手に

『ここに住んでる人、面倒くさそうなヤツだな』

と思わせてしまえば、いいようです。

そんなわけで、私も作成しました(^-^)

IMG_0465

まとめ

営業が来たらお小遣いがもらえる(笑)

飛び込み営業がきたら臨時収入がもらえるので、積極的に話を聞いてあげようと思ったんですが

全然来なくなったので、実際にはお金をもらえていません……。

ありがたいけど、残念!

そんなわけできょうの備忘録はここまで。

最後までご覧いただきありがとうございます。

またどこかの備忘録で(^_^)/~

この記事を書いた人

赤ペソ先生

赤ペソ先生

とにかく仕事をしたくないオッサンです。自分の好きなペースで働きたいので、契約社員+在宅ワークの複業で生計を立てています。#今日の買物 ヤギと昼寝が大好き。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします