こんにちは。文房具バカ、赤ペソ先生(@spinf60 )です。

ファッションにこだわりはない(クソダサイと言い換えてもいい)んですが、文房具にはこだわりがあります。


そんな文房具にこだわる私が、仕事で数十年使い続けているボールペンがあります。

それが……

パイロットの『スーパーグリップ 極細 黒 0.5mm』だっ!


SPONSORED LINK


『パイロット スーパーグリップ 極細 黒 0.5mm』が大好きな理由

見よ、このありふれた……オーソドックスなスタイルのボールペンを……。

パイロット スーパーグリップ 極細 黒 0.5mm

どこにでもありそうなボールペンですが……

ところがどっこい、これがめちゃくちゃ使いやすいのだ。

※どうでもいいけど、軸のPILOTの刻印とペンキャップのロゴの向き揃えればいいのにね


このボールペン。実は私のYouTube動画にもこっそり登場しています。


エンディングの手書き文字。

この場面で使っているのが、スーパーグリップ 極細 黒 0.5mmなのであります。

そんなわけで、なぜにこの油性ボールペンが好きなのかを挙げて見たいと思います。


0.5mmという極細なのにインクの出が良い

パイロット スーパーグリップ 極細 黒 0.5mmの先端

0.5mmと言う細さは、手帳などに字を書く時に細かく記入できるのですごく便利です。

ちなみに水性ペンの0.5mmは、滲んで太くなるのでぶっちゃけ信用していない。

あと……フリクションは熱で消えるのでこれもまた信用していない。


ペン先が細くなると、インクの出が悪くなるのではないか?と思うけれど、そういったことはなく、使い切るまで滑らかに書ける。

この点が一番好き。


インクがダマになりにくい

油性ボールペンで字を書いていると、先端にインクがたまることがありませんか?

通称『ダマ』と呼ばれるこのインク溜まりのせいで、書いている字がにじんだり、定規で線を引いていたら、ビローンと余計なインクが付いた経験誰にでもあると思います。


ところがこのボールペン、インクがダマになりにくいです。

もう……ほんと最高です。


インクが長持ち

インクのリフィルが13cm、インク自体は11cm近くあります。

これがなかなか減らないのです。

使い切るのが先か、紛失するのが先か……それくらい長持ち。


『パイロット スーパーグリップ 極細 黒 0.5mm』の唯一イマイチなところ

本当に好きなんだけど、たったひとつだけ、どうしてもイマイチだなと思う点があります。

それは……

キャップが無くなりやすい

のです。


ノック式ではないので、文字を書く際にはキャップを外して、後ろに差し込むわけですよ。

スーパーグリップ 極細 黒 0.5mmのキャップは無くなりやすい

使い始めの頃は、きちんとハマっていてくれるんですが、インクが無くなる後半になると、キャップもゆるくなってきて、ポロリと落ちやすくなります。

これで何度かペンキャップだけなくしたことがあるんですよね……。

※今気づいたけど、PILOTの文字とペンキャップの文字は使う時に揃うようになってるのか!


ペンキャップタイプじゃなくて、ノック式にしてくれてもいいんじゃないかな……とも思ってます。

けど、このグリップあってこそのボールペンなので、これはこれでいいような気がします。


まとめ

安いのにホントに書き心地が良いから、見かけたら買ってみてね

最近はジェットストリームなどの低粘度のボールペンが人気だけど、インクが出すぎるから嫌い。


うちの街で取扱があった店が潰れちゃったんだけど、ドラッグストアで売ってたのでホントありがたいです。


そんなわけできょうの備忘録はここまで。
最後までご覧いただきありがとうございます。
またどこかの備忘録で(^_^)/~ 赤ペソ先生(@spinf60 )でした。


読者登録すると、ブログ更新した時にLINEでお知らせします♪


↓↓赤ペソ先生が利用しているサービスまとめ

おすすめ

SPONSORED LINK


「この記事がいいね!」と
君が言ったから
7月 28 日は
赤ペソ記念日♪

最新情報をお届けします

Twitterで赤ペソ先生をフォローしよう!