付箋の裏表を間違えない方法

こんにちは。文房具大好き、赤ペソ先生(@spinf60 )です。

みなさんは、付箋ふせん使ってます?

こんなやつね↓

ふせんです

わたしは『ちょっとしたメモ』によく使います。

付箋っていいよね。貼っておけば無くす心配がないから……物忘れがひどい私には最高のアイテムです(・_・;)

どこに貼ったかを忘れますけどね。


ところで……皆さんにちょっとお聞きしたいのですが

付箋のオモテウラを間違ってはがした事……無いですか?


SPONSORED LINK


間違えて付箋の裏紙をはがしてしまう問題

急いで付箋を使いたい時に、ろくに見もしないではがすことがたまにあるわけです。

すると、付箋じゃない部分を剥がしていたりしますよね。


そう、この白い紙↓

付箋の裏側です

これを間違ってはがすと、その後貼り直してもキレイに貼りつかないし、はがしたらはがしたで、ノリの部分にホコリがついて汚くなりますよね。


そんわけで、今回は私がやっている

付箋の裏表を間違えない方法についてのお話です。


裏表を間違えないようにする方法

まず最初に、付箋を裏返して、白い紙をはがします(笑)

間違えてはがしてしまう裏紙ははがしてしまう

どうせ間違ってはがしちゃうんだから、最初にはがしてしまったほうが気が楽です。


続いて、付箋のノリが付いていない側を持ち上げます。

付箋の糊がついてない方を持ち上げて

念のため言っておくけど、これ、裏返したままでやってね。


続いて、ノリがついている部分に折り曲げて……今持ち上げた部分を貼り付けます。

付箋を半分に折る

これでほぼ完成と言っても過言ではない。


あとは……膨らんでいる部分にキレイに折り目をつければ完成です。

付箋の裏側を折り曲げれば裏だとスグにわかる


こんなので裏表間違えなくなるの?

という声が、各方面から存分に届いていますが、大丈夫です♪

よほどうっかりしていない限り間違えません(;´Д`)


ふせんを持ち上げた瞬間、折り目部分を感じたら、そちらが裏なのです。

と言うことは、折り曲げていない方をはがせば、確実に表です。


それでも心配な人は……

付箋の裏を間違えないように裏と記入

裏側にうらとでも書いておきましょう。


まとめ

同じサイズの付箋を2つ貼り合わせるという方法もおすすめ

付箋同士を貼り合わせる


そんなわけできょうの備忘録はここまで。
最後までご覧いただきありがとうございます。
またどこかの備忘録で(^_^)/~ 赤ペソ先生(@spinf60 )でした。


読者登録すると、ブログ更新した時にLINEでお知らせします♪


↓↓赤ペソ先生が利用しているサービスまとめ

おすすめ

SPONSORED LINK


「この記事がいいね!」と
君が言ったから
6月 8 日は
赤ペソ記念日♪

最新情報をお届けします

Twitterで赤ペソ先生をフォローしよう!