ダイソー ふわふわボール製作例

こんにちは。手芸・工作大好き人間 赤ペソ先生(@spinf60 )です。

今回はダイソーで楽しげな商品を見つけたので、紹介です!


その商品は……こちら!


SPONSORED LINK


ダイソー:毛糸で作るふわふわボール

ダイソー ふわふわボール

ダイソーの

『毛糸で作るふわふわボール』

毛糸でまんまるのボンボン(ポンポン)を作るための道具です。


パッケージにも書かれてますが、きれいなボンボンが簡単に作れます。

実際に作ってみたけど、ほんとーに超簡単!

子供と作ると楽しいのでおすすめです。


こちらの商品は1つのパッケージに2つのサイズが入っていて、2種類あったのでどちらも買ってきました♪


こちらは

  • 55mm(5.5cm)
  • 90mm(9cm)

の2サイズ。

ダイソー ふわふわボール 55・90サイズ


もう一種類は

  • 35mm(3.5cm)
  • 70mm(7cm)

の2サイズ。

ダイソー ふわふわボール 35・70サイズ


パッケージの中にはこのようなリングが入っています。

ダイソー ふわふわボール 35・70サイズ2


ちなみに手芸店で同じような商品を購入することができますが、倍くらいのお値段します。


ありがとう。ダイソー


毛糸ボンボンの作り方

ではさっそく、ボンボンを作ってみましょー!


材料

  • 毛糸(好みの色)
  • はさみ
  • コロコロ(掃除用・無くてもいい)


ボンボンの作り方

同じ色のパーツを2つ組み合わせて使います。


まずは、パーツの留め具を外して、開きます。

ダイソー ふわふわボールを開いたところ


それから凹凸がきちんとハマるように組み合わせます。

ダイソー ふわふわボールをくみあわせたところ


あとは……

  1. 毛糸を巻く
  2. 毛糸をカットする
  3. 真ん中を縛る
  4. パーツをはずす
  5. 毛先をカットして形を整える

このような流れになります。

※実際に作っている様子は、下の方にある解説動画をごらんください。


ちゃんと『ボンボンの作り方』がパッケージに入っていますので安心してください(^_^)


ダイソー ふわふわボール 作り方1


 

ダイソー ふわふわボール 作り方2


作る時の注意

実際に作ってみて気づいた点をメモしておきますね。

はさみでカットする時に糸くずが大量に出ます

巻き終わった毛糸をはさみでカットする時に、糸くずが大量に出ます。

散らかっても良いところで作業した方がいいですよ。


あと……糸くずがくっつきますので、黒い服だと結構目立ちます。

コロコロを準備したほうがイイかもしれない。

※奥さんにめっちゃ怒られました(;´Д`)


糸で縛る時は横に倒したほうがやりやすい

毛糸をカットした後リングの中心に糸を通して縛る必要がありますが、この時リングが水平になるように寝かせて結んだほうがやりやすいです。


結び糸は強めに縛る

毛糸を切った後2~3回縛るんですが、この時締め付けが甘いと切った毛糸がバラバラと落ちてしまいます。

落ちた後に結び直すのはすごくめんどくさいので、シッカリ結びましょう。


多めに巻いたほうがイイかも

毛糸の種類にもよりますが、1回巻きつけるよりも2回巻いたほうが密度が増してしっかりしたボンボンができます。

太めの毛糸を使ったほうがボリュームがあるのでイイです。


色んな色を混ぜて作ることもできるよ

今回は単色で作っていますが、途中で違う毛糸を使うことでカラフルなものを作ったり、ポケモンボールみたいな紅白のボンボンを作ることもできます。

 


解説動画

※動画は3分です。お時間あるときにでもどうぞ♪


まとめ

ダイソー ふわふわボール製作例

ボンボンは手編みのマフラーや帽子につけるだけでなく、毛糸を縛る時に髪ゴムを一緒に結んでしまえば、ボンボンつきの髪ゴムができるので可愛いですよ♪(おっさんが言うセリフではない(;´Д`))

雪だるまなどのキャラクターを作るときにも使えるみたいです。


そんなわけできょうの備忘録はここまで。
最後までご覧いただきありがとうございます。
またどこかの備忘録で(^_^)/~ 赤ペソ先生(@spinf60 )でした。


読者登録すると、ブログ更新した時にLINEでお知らせします♪


【オススメ】▶赤ペソ先生が利用しているサービスまとめ


SPONSORED LINK


「この記事がいいね!」と
君が言ったから
1月 10 日は
赤ペソ記念日♪

最新情報をお届けします

Twitterで赤ペソ先生をフォローしよう!