anypay

ネットショップ開くなら『BASE』が良いんじゃない?!と言っていたんですが、華麗に手のひらを返します (;´Д`)

こんにちは、赤ペソ先生(@spinf60 )です。


わたしエクセル書類作成サービスという仕事やってます。

SPONSORED LINK


【HP】エクセル書類作成サービス[スプラウト]

【BASE販売チャンネル】sprout!


え?『儲かってるんでしょ?』って?それ聞いちゃいます?


問い合わせ件数……月に1~2件www

もはや仕事とは呼べないレベル(笑)


ネット上でサービス提供しているので、支払トラブルを回避する必要がありました。

そんなわけで、簡単にネットショップを作れる『BASE』というサービスを利用して、商品(サービス)を提供してました。

【関連記事】自分のスキルをネット販売する時、支払いトラブルを回避するためにBASEを導入した話 : 赤ペソ先生の備忘録


ところが最近、知人から仕事の話をもらった際、AnyPayというサービスがリリースされたと教えてもらったんですが、どう考えてもこちらの方が良さそうなのでちょっと調べてみました。


『AnyPay』とは

AnyPayとは

誰でもいつでも、商品を登録して購⼊ページを作成することで、⼿軽にオンライン決済を導⼊出来るサービ スです。

メールでもチャットでも。QRコードの読み取りでも可能です。

出典:anypay.jp

すごく簡単に言うと

個人間でのクレジットカード決済が簡単にできるようになるサービスってところかな。

AnyPay利用シーン

HPに掲載されている『さまざまな利用シーン』を見ると

  • カフェでの英会話レッスンに
  • 結婚式の2次会参加費に
  • アイコンのダウンロード販売に
  • 服やグッズの販売に

このように、主に個人間での送金が簡単にできるサービスです。

物品の販売だけじゃなく、月額課金やダウンロード販売もできるみたいなので

Excelのデータ販売や月額契約を導入したい私にとって、うってつけのサービス!


【参考リンク】AnyPayは個人間送金の問題に挑戦するーー連続起業家、木村新司氏の新たな挑戦 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

公式ページ→AnyPay


『AnyPay』のすごいところ

利用登録が簡単

登録の流れ

1分ではじめられるというのもあながちウソじゃないほど、利用登録は簡単です。

メールアドレスでの登録の他にSNS(Twitter、FACEBOOK、google)アカウントがあれば、特に審査もなく利用することができます。

ログイン画面


Twitterから会員登録する場合、連携アプリを認証する画面が表示されます。

ここで[ 連携アプリを認証 ]を押せば、登録完了です。

ツイッターの場合


登録が完了すると、メインメニュー画面になります。

[+新しい商品を登録 ]で自分が販売したい商品を登録すれば、ネットショップ完成です。簡単すぎ。

メニュー

登録した商品のリンクを支払ってもらいたい人に送れば、そこから購入できるという仕組みです。

メールやSNSで送ってもいいし、ブログやホームページに販売URLやQRコードを掲載しておけば、販売ページにアクセスして購入できます。お手軽ですね。


アイコンやプロフィールなどはアカウント設定から行います。

ここで、アイコンやプロフィール入力できます。

アカウント情報


初期費用・手数料無料

price

一番のメリットはこの初期費用・手数料無料ですよね。やっぱり。

ただ注意が必要なのは、現在はキャンペーン期間で無料ということなので、手数料に関しては今後あがる可能性がある。

あと、1アカウントあたりの月額売上が5,000万円を超過した売上に対して2.8%発生するとのこと……

これ5,000万円の2.8%じゃなくて、5,000万を超えた金額に対してです。

つまり、5,000万円までは無料ってこと。

それにしても一月でそんなに取引する人いるのかなぁ?


初期費用・手数料は無料ですが、売上として入金されたものを銀行口座に移す場合は、別途200円の振込手数料が必要みたい。

200円なら全然問題無いっす!

だって……BASEでエクセル書類売った時はもっと手数料引かれッス(TдT)


赤ペソ先生がBASEに支払った手数料

比較のため

  • BASEの手数料はいくらかかるのか?
  • 私がいくら払ったのか?

をお見せいたしましょう。


まず、BASEの決済にかかる手数料。

BASEは決済方法が色々あります。買う方としては嬉しいね。


クレジットカード決済/コンビニ決済/銀行振込は3.6% + 40円

後払い決済だと6%

BASE手数料


『あとは銀行振込の手数料だけでしょ?』と思うかもしれませんが……

残念!もうちょっと引かれます(;´Д`)


その名は、事務手数料……

振込金額が2万円以上なら事務手数料は0円なんですが、2万円未満の場合は500円引かれます。

BASE手数料2


えーと、私がエクセルデータを販売した金額は6000円です。

ここから、銀行振込決済金額 256円(216円(3.6%) + 40円 )を引いた金額、5,744円が売上確定金額です。

BASE入金

で、コレ以上売れる気配がないので、銀行に振り込んでもらうと……。

5,744円 - 500円(事務手数料) - 250円(振込手数料) = 4,994円……

image


あれ……?思ってたより、だいぶ少なくなってるぞ。

これならお客さんから、直接銀行口座に振り込んでもらったほうがいいような……。

けどそれだと回収不能におちいるおそれもあるか……。


BASEで販売して銀行に振り込む場合は、20,000円以上売り上げてからにしましょう……


BASEでは手数料でこれだけ引かれることを考えると、AnyPayの手数料無料が、どれだけすごいことか、ご理解いただけたのでは無いでしょうか。


『AnyPay』の残念なところ

クレジットカード決済のみ。しかも限られたカード

使えるカード

決済方法はクレジットカードのみ。しかも登録可能なクレジットカードは、MASTERVISAだけ。

注意書きにもあるように、上記カードであってもデビッドカードはダメです。

※デビッドカードとは、銀行の口座にある金額だけクレジットカード的に支払うことができるサービス


オンライン決済が手軽にできるようになるサービスだから、クレジットカードしか使えなくても全然問題無いけど、ただ……メインのクレジットカードが楽天カード(JCB)の私にとってはちょっと痛いです。

ま、私は販売するほうがメインなので、支払う場面がなければクレジットカードは関係ないですけどね。


この点においては、BASEの方が優れています。

  • クレジットカード決済
  • コンビニ決済・ペイジー決済
  • 銀行振込
  • 後払い決済

多用な支払い方法があるBASEに比べるとAnyPayは見劣りするけど、個人間のお金のやり取りならばこれで全然問題無いと思う。


まとめ

AnyPay利用シーン

  • 売り手に優しいのは、手数料がかからない AnyPay
  • 買い手に優しいのは、支払い方法が選べる BASE

いろんな人に販売するネットショップの場合、支払い方法を選べた方が購入してもらいやすくなると思うけど、上の画像の『さまざまな利用シーン』のように、個人間で直接お金のやり取りをするサービスの場合は、AnyPayの方が手数料もかからないのでいいね。

銀行振込や他の入金方法が欲しい人はBASEがイイのかもしれない。手数料がネックだけどね


利用シーンの一例では、

  • カフェでの英会話レッスンに
  • 結婚式の2次会参加費に
  • アイコンのダウンロード販売に
  • 服やグッズの販売に

と書かれてるけど、私の場合、

  • データダウンロード → pdf や エクセルファイル販売
  • 月額課金 → 月額契約での作成サービス

に利用できるな。

ちなみに、この月額課金を利用すれば、個人で家庭教師や講師をされている方も便利に使えるんじゃないのかな?


クレジットカード決済システムを持たない店舗でも、レジで商品登録したQRコードをお客さんに読み込んでもらって支払うこともできるんじゃないかな?

フリーマーケットとかでもクレジットカード払いができるようになるのは、結構画期的な気がするね。


【公式サイトリンク】



そんなわけで、わたし個人のショップもBASEから乗り換えました(笑)。

【販売ページ】スプラウト ショップ


そんなわけできょうの備忘録はここまで。
最後までご覧いただきありがとうございます。
またどこかの備忘録で(^_^)/~


読者登録すると、ブログ更新した時にLINEでお知らせします♪


【オススメ】▶赤ペソ先生が利用しているサービスまとめ


SPONSORED LINK


この記事が気に入ったら
いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

Twitterで赤ペソ先生をフォローしよう!