2016-08-29-18-46-35

こんにちは、超汗かきの 赤ペソ先生(@spinf60 )です。

汗をかくのが嫌だから家に引きこもっています(笑)

とは言ったものの、うちエアコン無いから結局……家の中でも夏は汗だくなんですけどね(;´Д`)


そんなわけで今回は、汗の不快感でお悩みのみなさんに、性能・コスパ共に最強のデオドラントスプレーを自分で作ろう!というお話です。


SPONSORED LINK


汗と言えば、気になるのは臭いですよね

汗をかくのは嫌いじゃないけど、ベタベタしたり、そのままにしていると臭くなって来るのがほんとうにイヤ!!

そんな時、みなさんはどうされてます?

シャツを着替えたり、シャワーを浴びることができるなら、スグにでもシャワーを浴びたいところですけど、ふつうは制汗スプレーや匂いを抑えるデオドラントスプレーを使いますよね?

このデオドラントスプレー、物によっては効きが悪かったりしません?

そこそこいいお値段するのに性能がいまいちだったらほんとガッカリです。


だったら……簡単、お得、性能も抜群の最強のデオドラントスプレーを自作してしまいましょー!


さいきょうのデオドラントスプレーをつくろう

2016-08-29-15-53-44

そんなわけで、最強のデオドラントスプレーを作ってみましょう!


材料


必要な道具

  • 500mlペットボトル(焼きミョウバンを溶かすのに使う)
  • スプレーボトル(完成したら入れます)
  • コピー用紙(焼きミョウバンをペットボトルに入れる時使う)
  • アロマオイル(お好みで)



Amazonで、ものすごーく評価が高い消臭制汗剤があります。

それがこちら、デオナチュレ クリスタルストーン



こちらの商品の主成分はアルム石というものです。

『アルム石って一体何なの?』と思うでしょ?

アルム石は、火山地帯の地中にある天然鉱物塩の一種で、ミョウバンとも呼ばれる無着色・無香料の天然デオドラント成分。

出典:amazon.co.jp

そうなんです。アルム石焼きミョウバンは同じものなんです。

焼きミョウバンは、ナスの漬物の色止めや、野菜のアク抜きなどに使うものなので、スーパーや薬局で100円程度で売られています。

ミョウバンには肌を酸性にし、雑菌の繁殖を押さえることで匂いの発生を抑えるそうです。

また毛穴の引き締め効果があるので汗の発生も抑えて肌がサラサラになるんだって。


Amazonでは700円、スーパーで買うと100円……。

コストパフォーマンス最強です!作りましょう!(笑)


ハッカ油を入れてより最強に

焼きミョウバンのコストパフォーマンスは最強だけど、それだけじゃ本当に最強か怪しい!という疑り深いあなたのために、ハッカ油も入れてみます。

【関連記事】万能すぎるアロマオイル【ハッカ油】で、夏にオススメのハッカ油スプレーを作ろう♪ : 赤ペソ先生の備忘録

コチラの記事にも書いたんですが、ハッカ油には殺菌・消臭効果があり、ミントの香りで清涼感もプラス。

焼きミョウバンで汗を抑制し、雑菌の発生を抑え

ハッカ油で殺菌、消臭、清涼感。

コレを最強と言わずして何を最強と呼ぶのですか問題ですよ。


ミョウバン&ハッカ油デオドラントスプレーの作り方

そんなわけで早速作ってみましょう。

作業時間目安:20分

※ミョウバンを完全に溶かすのに一晩置いたほうがキレイに仕上がります。


分量

100mlのスプレーボトルに入れる場合の分量です。

  • 焼きミョウバン 15g
  • 水道水 500ml(ミョウバン水原液用)
  • 水道水 80ml程度(希釈用)
  • エタノール 10ml(ハッカ油と混ざらせるため)


1.焼きミョウバン水の原液を作る

まず、焼きミョウバンをペットボトルに入れて水道水で溶かしましょう。

焼きミョウバンはちっちゃなポップコーンみたいな粒状で、コレが意外と溶けにくいんです。

2016-08-29-15-56-52


分量をはかって……ペットボトルに入れます。

わたしが購入したのは30g入りの商品でしたので、だいたい半分ペットボトルに入れればいいと思います。

2016-08-29-16-03-15


ペットボトルに入れにくい時はコピー用紙などの紙を円錐状にして差し込むと入れやすくなりますよ♪

こうやって丸めてテープで止めます。少し大きめの穴にしておくといいですね。

2016-08-29-16-06-23


ペットボトルの口に差し込んで、焼きミョウバンを入れます。

2016-08-29-16-06-34


入れるとこんな感じ。コレに水を入れてよく振りましょう。

2016-08-29-16-07-17


ご覧のとおり全然混ざりません(笑)

2016-08-29-16-08-52


1時間ほど放置すると下に沈んできます。それをまた振るとだいたい溶けてきます。

2016-08-29-18-40-34


その状態から一晩置くと白濁していた液体が、無色透明に変わりますよ!不思議♪

この写真はまだ残っていますが翌日にはほぼ無くなります。

2016-08-29-20-44-59

この液体がミョウバン水の原液になります。

ちなみに水道水を使うのは、精製水より腐敗しにくいからです。


ミョウバン水の原液を10倍に薄める

2016-08-29-18-46-35

後はすごく簡単。材料を混ぜるだけ!


スプレーボトルにミョウバン水の原液と、希釈用の水を入れます。

10倍に薄めてつかうと良いらしいのですが、汗の匂いが気になる人は濃度を濃くして使うと良いかもしれないです。

今回は100mlのスプレーボトルに入れるので

  • ミョウバン水原液 10ml
  • 水道水 80ml
  • エタノール 10ml
  • ハッカ油 2~3滴

で配合しています。

コレで完成!

希釈して使うのでめっちゃお得♪

100円で買ってきた30gの焼きミョウバンから、およそ1リットルの原液が作れるんですが、その10倍なので10リットル分作れます(;´Д`)コスパ良すぎです。


エタノール入れないと肌につけた時にベタベタするので入れたほうが良いですよ。

ハッカ油の香りが苦手な方は、好みのアロマオイルを入れると良いと思います。わたしはバラの香りの物を作りました。


使用上の注意

1.肌の引き締め効果があるんですが、髭剃りやむだげ毛の処理をした後に吹き付けるとしみる場合があるので気をつけてね。濃度を高くするとヒリヒリする感じが強くなります。

2.原液は冷蔵庫などの冷暗所で保管してください。


まとめ

汗をかく環境で仕事をされている方は本当に汗の臭い問題に頭を悩ませていると思います。

焼きミョウバン デオドラントスプレーでみなさんのお悩みが解決すると嬉しいです。


購入してきた焼きミョウバン。今回は半分使ったんですが、調べたところ焼きミョウバンを粉末にして肌につける事でもニオイ予防に効果的らしいですよ。

そんなわけできょうの備忘録はここまで。
最後までご覧いただきありがとうございます。
またどこかの備忘録で(^_^)/~


読者登録すると、ブログ更新した時にLINEでお知らせします♪


↓↓赤ペソ先生が利用しているサービスまとめ

おすすめ

SPONSORED LINK