2016-06-02-18-19-36

こんにちは。私服の制服化に向けて活動中。赤ペソ先生(@spinf60 )です。


SPONSORED LINK


私服の制服化とは

  • Appleの故スティーブ・ジョブズ
  • FACEBOOKのマーク・ザッカーバーグ
  • アメリカの第44代大統領バラク・オバマ。

彼らに共通していることが何かわかりますか?

そう…アメリカ人……じゃなくって

彼らは毎日ほぼ同じ服を着ているんです。


と言っても本当に同じ服を着ているわけでは無く、同じデザインの物をを多数揃えていて着回しているんです。

  • スティーブ・ジョブズは、黒のタートルネックにジーンズ
  • マーク・ザッカーバーグは、グレーのTシャツにジーンズ
  • バラク・オバマは、グレーとブルーのスーツ


周囲の人から見ると同じものを着ているように見えるかもしれませんが、実際は毎日違うものを着ています。

面倒くさいからではなく……毎日様々な決断をしなければいけない中で、服を選ぶ時間さえモッタイナイという考えのようです。

この毎日同じような服を着ることを制服に見立てて私服の制服化とミニマリストの方々は呼んでいます。


わたしは数年前、片付けコンサルタントの近藤麻理恵さんの本を読んで、服をかなり処分しました。

毎朝クローゼットをあけて

『着るものがない』だとか

『いい感じの組み合わせが決まらない』と悩むのは、

好きでもない服がクローゼットを占領しているからじゃないか?と思ったからです。



そんな時、フランス人は10着しか服を持たないという本を読んで、ますます服に対する考え方がシンプルになって、『ほんとうに着心地のいいものを毎日着るほうが悩みもなくて幸せなんじゃないか?』と思うようになりました。



そんなわけでわたしも

  • 悩む時間を減らすため
  • 自分をアイコン化する制服を作るため

まずは毎日着るTシャツから見なおすことにして、下の記事を書きました。


Tシャツはグレーに統一しようと思っている話



Tシャツの定番はグレーだと思う

Tシャツと聞くと、清潔感のある白のイメージが強いと思います。

確か白はいい。単体で着るには。


Tシャツ単体だと良いんですが、男性の場合スーツ・ワイシャツの下着としてTシャツを使うことが多いと思います。

海外ではワイシャツの下に下着をつけないそうですが、日本の夏は暑い事もあってワイシャツの生地が薄く、そのまま着ると肌がすけて見えるんですよ。

かと言って、白のTシャツを下着として着用してもTシャツが透けて見えるので、なんか情けない感じになります。


そんな薄いワイシャツの下に着ても透けにくい色は、ベージュグレーなんです。


けどよく考えてください……。

ベージュのTシャツって下着以外に使えます?どう考えても使えませんよね?

そんなわけで、残されたのはグレー!万能なのはグレーですよ奥様。

こういう思考をたどって、Tシャツはグレーに統一する事に決定しました。


そんな時、運良くユニクロでセールをしていたので、グレーのTシャツをまとめ買いしたんです♪


ユニクロでパックTを購入した話

2016-06-02_22h20_23

ユニクロでパックに入った状態で売られているTシャツ・通称パックTが3枚990円で売られていました。

通常は1枚590円なのですが、セール期間で1枚390円になっていて、さらに3枚セットで購入すると990円になっていたので、これはチャンス!と、まとめ買いしました。グレーを6枚(笑)

ただちょっと聞いてくださいな。同じグレーのTシャツでも2種類あるのをご存知ですか?

首周りの形の違いで2種類。

  • クルーネック(丸首)
  • 2016-06-02_22h51_15
  • Vネック(V字)
  • 2016-06-02_22h48_57

わたしは今回

  • クルーネック×3枚
  • Vネック×3枚

の合計6枚購入しました。


なぜ2種類買ったのか

2016-06-02-18-19-36

『私服の制服化ならば、どちらか一方にすればいいじゃない?』という声が聞こえてきそうです(笑)

ワイシャツを着た場合、ネクタイをつけたままならば丸首のクルーネックで全然いいんですが、最近はクールビズで夏はネクタイをしない企業も増えています。

クルーネックだと、ネクタイを外してシャツの襟元を開けた状態だとTシャツの首が見えて情けないのです。

Vネックなら、シャツの第一ボタンを外してもTシャツの首元が見えないので恥ずかしくありません。

3着づつあれば、梅雨の時期の洗濯でもなんとか着回せるんじゃないかなと思います。2着だと心細いです(笑)


なぜユニクロのパックTシャツか?

1.適度な厚みがある

男性紳士服コーナーなどで売られている白のパックTシャツ(Hanesとか)を昨年購入したんですが、厚みが無くて肌が透けて見えます。肌が…というか、みなまで言いませんがアレですけど。

そんなわけで単体で着ると恥ずかしいんです。完全に下着です。

ですので厚みがあってそのままでも着れる状態の物が欲しかった。


2.地味に機能性がよい

2016-06-02_22h51_15

汗を書いてもさらりと快適な肌触りをキープするドライ機能付きですよ!

暑い時季やスポーツシーンでもずっとさらさらとか、ほんとに390円で買っちゃっていいんですか?とビックリするぐらい機能的。

高温多湿の日本で、下着として着用したら蒸れて蒸れて気持ち悪いです。

それがこのドライ機能付きTシャツならば夏に勝てる!!


まとめ

わたしは家で仕事をしているので、家にいる時はほぼグレーのTシャツ&ネイビーのタイパンツで作業してます。あと首に手ぬぐいと腹巻はデフォルトです。


【関連記事】


やんごとなき事情がない限り、今後も家にいる時はこの格好だと思います。え?『家にいるならVネックいらないんじゃないか』って?たまに着るんですよワイシャツを。ほんとたまにですけど(笑)

そんなわけできょうの備忘録はここまで。

最後までご覧いただきありがとうございます。
またどこかの備忘録で(^_^)/~


読者登録すると、ブログ更新した時にLINEでお知らせします♪


【オススメ】▶赤ペソ先生が利用しているサービスまとめ


SPONSORED LINK


この記事が気に入ったら
いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

Twitterで赤ペソ先生をフォローしよう!