image

こんにちは、赤ペソ先生(@spinf60 )です。

タイトルにも書いてるんですが、AndroidStudioに関する記事を『積極的に書く』のはやめようと思っています。

SPONSORED LINK



そもそもなんでAndroidの記事書いたんだっけ?

AndroidStudioの記事を過去に4本書いてます。

【関連記事】Android : 赤ペソ先生の備忘録

わたしにはAndroidで作りたいアプリがあって、それでAndroidStudioを使おうとしていたわけ。

最初は制作過程で気づいたことや、つまづいた点を記事にしていたんです。

ところが最近、気づいたんです。

これは本末転倒になりつつあるぞと。


Androidアプリを作りたいのか?AndroidStudioの記事を書きたいのか?

正直なところ、最近AndroidStudioを起動するのさえもめんどくさくなってたわけです。

『アプリを作りたいけど起動するのがめんどくさいって どういうこと?』と思われたかもしれません。

けどホント、心のなかで『AndroidStudioを立ち上げるとめんどくさいことになるぞ……』という謎の声が聞こえるような聞こえないような、そんな悶々とした日々でした。

それで何がめんどくさいのかの原因を考えて、たどり着いた結論は

ブログに書くのがめんどくさいというものでした(笑)

結局 何がめんどくさいの?

ソフトの操作やトラブルで困った時、ネットでいろんな人のブログを調べて読みますよね。

私自身ブログを書いている今でもそうなんですが、わからないことだらけなのでよく調べものをします。なんなら書く時間よりも調べ物をしている時間のほうが圧倒的に長いです。

で、情報収集のためにしかブログを読んでいなかった時には気づかなかったのですが、アプリやソフトの操作説明の記事を書こうとすると、これがもうホントにめちゃくちゃ大変。

基本的には記事を書いて、スクリーンショットを撮影して、加工して、文章修正と言った流れで記事を書くんですが、そもそも参考にしていたAndroidStudioの本の内容が合っていなかったりするからそれを調べながら、記事を書く。

また、たまにしか書かないから、過去記事読んだりして時間がどんどんかかる。

で一番めんどくさいと感じているのは、同じ作業を2回以上繰り返してる事。

記事に書く前にいちど実際に使ってみて、それを初期状態に戻して最初から同じ行動をやってる。これがホントめんどくさい(笑)

そんなわけで、Androidアプリの記事を書くのがめんどくさくてAndroidStudioに触るのが嫌で開発もできないのならば、AndroidStudioの記事を書かなければいいことに気づいてしまったのです。


しない事を決めるのは重要

私たちが1日に使える時間は平等に24時間しか無いわけ。

やりたいことはたくさんあるけれど、その全部を限られた時間でやることはできない。

時間を有効に使えた方が、やりたいことがたくさんできる。

つまり、やりたくないこと・しないことを明確にして、それを取り除かないことには時間が有効に使えないんです。

そんなわけでわたしはAndroidの記事を書くことをやらないことにした。

たぶん今後もやらないことリストが増えていくことになると思う。




まとめ

積極的に書かないと宣言したんですが、今後制作物ができたらもちろん記事にするし、製作途中で困ったことがその都度記事にするつもりです。

ただ、どうだろうアプリ作るかな(笑)。誰かに頼んだほうが早いとは思うんだけど、お金がかかるからという理由で自分で作りそうな気がします。

そんなわけできょうの備忘録はここまで。

最後までご覧いただきありがとうございます。
またどこかの備忘録で(^_^)/~


読者登録すると、ブログ更新した時にLINEでお知らせします♪


【オススメ】▶赤ペソ先生が利用しているサービスまとめ


SPONSORED LINK


「この記事がいいね!」と
君が言ったから
6月 2 日は
赤ペソ記念日♪

最新情報をお届けします

Twitterで赤ペソ先生をフォローしよう!