『金持ちになれるものならなってみたい……。』


あ、心の声が漏れていました。

こんにちは。ガムテープ工作家、赤ペソ先生(@spinf60)です。

SPONSORED LINK


唐突ですが……こんなチラシが新聞に入っていたんです。


no title


財布を変えただけで金運がアップするなら私も買いたいところですが………


no title

この財布………ちょっと安っぽすぎやしませんか?


それならば、もういっそのこと安っぽさを追求してガムテープで金運財布を作ってしまえというお話です。ガムテープバッグの本も買った くらいガムテープ工作が好きですからね(笑)


材料・道具

材料

no title

  • 布ガムテープ2種類(白・黄色:お好みの色の組み合わせでOK)
  • フェルト(財布の芯に使用します。見えなくなるので、何色でも可)

道具

  • ハサミ

今回の材料費は、300円(税別)実際に使用した量を考えると100円程度かな。

製作時間目安:1時間


手順


今回は、お金持ちの財布を目指しますので、風水を参考に黄色にしています。

そして、紙幣入れしか作りません(笑)

金持ちはきっと小銭なんか持たない!お釣りが出たら全部募金だ!(偏見)

お金がない人は宝くじを入れると良いのではないかと思います。。。

1.フェルトを切る

ガムテープで、バッグや財布を作っている動画をYouTubeで見ることができます。

作例では、ガムテープだけを使用してつくっていますが、私の経験上ガムテープ同士を貼り合わせる時にシワになりやすく、それで失敗することが多いです。手触りも固く使い心地が良くないので、そこを改善するため、フェルトを芯材として使います。

※紙幣よりも大きめのサイズ(9cm×18cm)で3枚カットしてください。

2.ガムテープを貼る

no title

ガムテープをちぎったまま作っていくと、簡単に素早く作ることができますが、ちぎりあと(断面)がけばだって汚くなるので、ハサミで切ったほうがよいです。

動画で紹介しているように、フェルトにガムテープを貼り付けたあとに、ハサミで切っていくとやりやすいですよ。

※紙幣を入れる本体部分の内側を黄色にしたいので、2枚のフェルトの片面に黄色のガムテープ、裏側には白を貼ります。

※貼りつける際の注意点は、2枚目以降、前に貼った場所段差の所に隙間がアカないようにはり合わせていくと、下地が見えずにきれいに仕上がります。

※フタの部分になるパーツは白のみで良いので、両面に白を貼ります。

※短辺もフェルトが出ないようにガムテープをはり、ハサミでカットします。

3.パーツを合体させる

no title

本体部分とフタのパーツを接続していきます。

※まず本体部分のパーツを白のガムテープで接続しましょう。この際、折りたたんだ状態で貼りつけないと、マチ(お札部分の幅)がなくなり、折りたためなくなります。

※裏返して、内側から黄色のガムテープを貼る。

※フタのパーツを合わせてみて、外側から白のガムテープを余裕を持って貼る。

※フタのパーツを裏返して白のガムテープを貼る。折り目の所は破れやすいので、2重にしても良いかも。

本体部分のマチについて

no title

紙幣を入れる部分の両サイドは、開いた時に紙幣を取りやすいように、V字に折り曲げたテープを貼り付けてマチを作ります。(本体との接着用ガムテープを貼るとM字型になります)

※マチの部分として、黄色(内側)と白(外側)のテープを貼り合わせる。(2枚作成)

※白側を谷折りにする。(V字型になります)

※黄色の面の折り目にそって、ガムテープを1枚ずつ貼る。

※本体の両サイドに貼りつける。


まとめ

no title

今回は、けっこういい感じで作れたんじゃないかなと思うな♪

反省としては、今回内側に来る黄色を先に貼ったけど、外に来る白い面を先に貼ったほうが良かった。たぶん、そのほうが、見た目が良くなるはず。

開けた時にパリパリと音がするのはご愛嬌(笑)。紙幣を入れる為に作った蛇腹部分がきちんと貼り合わせられていない為、くっついてしまう時にパリパリと音がするようです。改良の必要性があり。

カード入れとか小銭入れが無いので、次回は改良品を作成したいと思います。もっとでかくすればクラッチバッグになるね。アメリカみたいにカラフルなガムテープがほしい。

例えばこんなやつね。↓アメリカだと、アナと雪の女王のガムテープとかディズニーのキャラクターの柄のも売ってるんだよ。 うらやましい。


ユニオンジャック柄とか日本でも売ってくれないかなぁ。




こういうの売ってるから、アメリカでは、ガムテープでドレス作ったりするんだろうね(笑) 機会があれば作ってみたい。



ガムテープで工作するなら、この本がオススメ。不器用でも、本当に簡単にバッグができます。



ちなみに今回の失敗を振り返って、あらためて長財布を作ったり

abrAsus風の小さい財布も作りました♪お時間あればご覧ください

そんなわけできょうの備忘録はここまで。
最後までご覧いただきありがとうございます。
またどこかの備忘録で(^_^)/~


読者登録すると、ブログ更新した時にLINEでお知らせします♪


【オススメ】▶赤ペソ先生が利用しているサービスまとめ


SPONSORED LINK


「この記事がいいね!」と
君が言ったから
11月 30 日は
赤ペソ記念日♪

最新情報をお届けします

Twitterで赤ペソ先生をフォローしよう!