IMG_0826

世の中にある大半の事は、実際に経験してみないとわからないんですよね。

SPONSORED LINK


みなさん、こんにちは。ふんどし男子 赤ペソ先生(@spinf60)です。 どうもどうも。

ふんどし女子が流行っていると話題になったのは去年のことだったように記憶しています。

方丈記の鴨長明曰く

ゆく川の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。
よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。

ふんどしも、ブームだという噂が現れたかと思えば消え、消えたかと思えば現れる。
うたかたの夢のようであります。

えぇ、わけのわからぬことを言っていますが大丈夫ですか?ついてこれてますか?

私は大丈夫です。

さて、今回は本の紹介です。


人生はふんどし一枚で変えられる:中川ケイジ著



この本は自称"仕事ができない男"こと、中川ケイジさん(@keiji_nakagawa)の、ふんどしによるサクセスストトーリーの物語です。

現在進行形でふんどしを世界に流行らせようとしている熱い男です。



中川さんは、29歳まで神戸で美容師をされていました。

人気の美容師だったのですが、尊敬する兄さんが経営するコンサルタント会社の取締役として誘われ、営業に転職をします。

しかし営業成績が悪く、思い悩んだ結果うつ病を発症してしまいます。

そこで……たまたま出会ったのが

そうですふんどしです。

ふんどしに出会ったことで、うつ病が良くなったこともあり

「ふんどしで日本を元気にしたい」と、 会社を辞めて独立し、SHAREFUNというブランドを立ち上げ活動を開始します。



SHAREFUN と 日本ふんどし協会

ふんどしっていうと、どうしても ダサいだとか、祭りの時につけるものとかだとか、おっさんがつけるもの、みたいなイメージが有るのですけど、機能的でとても良いのです。
そこで、おしゃれなふんどしがあれば、既成概念をくつがえしてもっと広がるのではないかと考えたようです。



ふんどしの魅力に取り憑かれてからの中川さんの活動がすごくって
自身のブランドSHEREFUNだけでなく、ふんどし業界全体を活性化させようと、一人で日本ふんどし協会を設立したり、日本記念日協会にふんどしの日として2月14日を申請したり
(これにより、毎年バレンタインデーが来るたびにふんどしも話題になるという。 これが天才か)、
本当に精力的に活動されています。



ちなみに、ふんどしの効果については日本ふんどし協会から、夜だけ「ふんどし」温活法 という本が出ています。

ゴムで締め付けるパンツは下半身への血流を滞らせるので、代謝が悪くなって太りやすくなるようです。

こちらの書籍にはふんどしの作り方なども書いてありますので、自分でふんどしを作ることもできますよ♪


ちょっと話が飛んでしまいましたが、

本当にふんどし一つで人生がガラッと変わってしまっているのです。

自分が本当に好きで情熱的になれることを見つけて、それに向かって歩み続けている中川ケイジさんは本当に素晴らしいと思います。


ただ、中川さんは仕事ができない人間じゃない。

美容師になった時も、スタート年齢が遅れている分めちゃくちゃ頑張って人気美容師になっている。


畑違いのところに転職してしまったのがいけなかった。

けど、その過程が無かったらふんどしで起業しようという思いは生まれなかったのかもしれない。


中川さんが起業を決めた時、手元には引っ越し費用として使う予定だった30万しかなかったそうです。

けれど、そこから情熱と行動力で、どんどんふんどしを広める為の活動を展開していく様は、すがすがしく嬉しくもなってきます。


まとめ

『おわりに』というページからの引用です。

もし、この本を読んでくれているみなさんが今、かつての僕と同じように悩んで苦しんでいたとしても大丈夫です。安心してください。
あなたにしか出会えない、あなたにしかできない"何か"がきっとあるはずですし、それに出会えるきっかけは日常にあふれています。
僕にとって「ふんどし」がそうであったように、みなさんにとっての「ふんどし」が見つかりますように。
だって人生は"ふんどし1枚で変えられる"のですから。

余談

さて、冒頭でふんどし男子を自称したわたしが通ります。


実は2014年の夏頃から、ふんどしを愛用しています。


本を見習って最初のうちは夜だけふんどしをつけて寝ていたんです。

けどふんどしに慣れてくると……パンツのゴムの締め付けが気持ち悪くてしょうがないの。

もう、いっそずっとつけてやれと思って。パンツを投げ捨てました(笑)

SHAREFUNは、品質も良くておしゃれだけど、昨年は大絶賛無職中だったので高くて買えないので自作しました(笑)

何でも作る系。

今着用している姿をお見せしてもいいのですが、誰が好んでおっさんの下着見たいのかって話ですので、製作段階のふんどしをUPしておきます。

生地はリバーシブルだし、星柄で好きなのですが、生地が厚めなので、もぞもぞするのがたまにきず(下ネタではありません)。

私は、同じ柄で色違いのふんどしを3枚作っています(笑)

ボクサーブリーフや、普通のブリーフなどと違って、越中ふんどしは前に布がくるのでもっこりしないし、柄によってはかわいいので私としては好きなんですけどね。
もっと流行ってくれないかな~ふんどし。


イケダハヤトさんと中川ケイジさんの対談も面白いですよ。




そんなわけできょうの備忘録はここまで。
最後までご覧いただきありがとうございます。
またどこかの備忘録で(^_^)/~




読者登録すると、ブログ更新した時にLINEでお知らせします♪


↓↓赤ペソ先生が利用しているサービスまとめ

おすすめ

SPONSORED LINK


「この記事がいいね!」と
君が言ったから
10月 29 日は
赤ペソ記念日♪

最新情報をお届けします

Twitterで赤ペソ先生をフォローしよう!