com_assets_c_2015_07_TSU888_kononazoga-thumb-1000xauto-18731

『普通』って一体なんだろうね。

ども、ふつうの自宅警備員、赤ペソ先生(@spinf60)です。


SPONSORED LINK


きっかけは、子供のひとこと

夕食のあと、炊飯器にご飯があまっていたのでおにぎりを作ってました。

おむすびともいいますけど、握り飯ともいいます。まぁ、そこはどうでもいいか。


なぜ、おにぎりを作っていたかというと、おにぎりにすると子供がよく食べるんです♪

茶碗に入っていたものが形を変えただけなのに、次々と胃の中に吸い込まれていくの。


『ご飯冷凍しすぎて冷凍庫にスペースが無い』というのは子供にはナイショ。

まんまと策略にハマりやがって( ̄ー ̄)


で その時おにぎりは、焼き海苔を巻いた塩おにぎりだったんですが、

『ちょっと塩をつけすぎたかな~』と思って

「どう?しょっぱくない?」と子供に聞いたんです。

すると、その返事が…………


「ふつう」ですよ、奥様!


なんですか普通て。

しょっぱく無いか聞いているのに、ちょうどいいとか、薄いとかじゃなくて普通て!

ふつうってなんだよって話ですよ。


普通とは

ふつう【普通】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ

① いつでもどこにでもあって,めずらしくない・こと(さま)。 「日本に-の鳥」

② ほかとくらべて特に変わらない・こと(さま)。 「ごく-の家庭に育つ」 「 -ならもう卒業している」

③ 特別ではなく,一般的である・こと(さま)。 「 -高校」

出典:大辞林 第三版

よくみかける『普通』ですね(笑)


あなたが信じている『普通』は、誰の普通なの?

わたしたちは、わりと簡単に『普通』という言葉を使います

上記の引用を利用するならば『普通の家庭』『普通なら卒業している』

『普通の暮らし』とか『普通は仕事している時間なのに何やってるの』(よく言われる(笑))とかね。


わたしはその普通にすごく違和感を感じる。

そもそも、ふつうなんてどこにも無いんじゃないかな?


誰もが同じ生活・同じ状況であれば、『普通』が存在しても良いかもしれないけど、普通と言うのは耳ざわりのいい逃げ口上じゃないかと思う。


アレと同じ。

子供がゲーム買って欲しい時とかに言う『みんなやってるから、ウチも買って』『みんな』と。


親だったら「その、みんなって誰なの?」と子供に向かって聞くけど

「その普通って誰の普通なの?」と聞いてもいいんじゃないかな?


やたらと『普通』を持ち出してくる人は、その人にとって都合のいい基準が、その『普通』であって、それは私の基準じゃないし、それ以前にそもそもそれが『普通』だとは限らないの。

すべての人が環境違うわけですし。


40歳のわたしが普通の仕事を辞めた話

わたしは2014年に正社員の仕事をやめて、今は契約社員をしながらブログを書いたりバイトしたり、なんか曖昧な感じで仕事をしています。一応フリーランス。

給料は正社員だった頃の半分以下に減って、現在、盛大にマイナス成長をつづけています(*_*;

ただ……お金がない代わりに、自由な時間・ゆっくりと考えることができる時間をかなり多めに持っている。


ヒマな時間の合間に仕事してる……というか、自分の為の仕事を作ろうとしているというかね。


普通の暮らしをするには普通にサラリーマンをして、普通に定年をむかえて、年金をもらって暮らせば良い。なんて言われていたのはとっくに昔の話。


年金の支給年齢はどんどん上がるし、そもそも支給されるのかも怪しい……と思いながら、わたしも年金を納めている。



わたしが仕事を辞めたのは40歳。不惑ふわくと言われる年齢です。今だ惑いっぱなし。


転職は35歳くらいが限界……といった話もあるけど、それも誰かが決めた『普通』


40歳の私が考えたのは

仮にこのまま定年まで勤めたとして、その後の自分に何が残るのかな?ということでした。


何度考えても、定年後に別の仕事をできる可能性が無いの。

いや~びっくりしたね、絶望ですよ。


会社にこき使われて、退職金も雀の涙。

退職金だけでは生活できないから、退職後に再就職の口を探さないといけないけど、活かせるものが何もないの。ビックリ。


その時、『定年目前にしてあわてて仕事を作ろうとするより、頭の回転が早くてフットワークも軽い40歳で辞めたほうが絶対イイ』と思って、思い切って退職しました。

【関連記事】40歳で正社員を辞めた4つの理由 : 赤ペソ先生の備忘録


その結果……いまだ仕事を作っている途中なので、生活苦ですけどね(笑)

笑っている場合ではない(*_*;


ただ……仕事を辞めて、のんびり考える時間が増えた今おもうのは

普通とか常識という言葉が出たら疑ったほうがいいということ。


東日本大震災の時にも思ったけど、今まで常識と言われていたものが簡単に壊れる時代に、普通や常識を信じても全くあてにならない。

もっとよく目をあけて世界を見渡せば、普通ではない働き方なんていっぱい転がっている。


わたしは『逆に普通じゃない生活をしてやれ』とさえ思ってる。


普通っていう船に乗っておけば、みんなと一緒に進んでるから気が楽だけど、その船が急に普通じゃなくなった時に困るのは自分自身だよね。

今まで何も考えずに流されてきたんだからしょうがない。

自分の価値観で物事を測る。自分の普通を作らないとダメだよね。


そんなわけで、自分の価値観で仕事を作ろうとしている私の机には、仕事のアイデアに関するメモが貼ってあります(40代の忘却力はすげーのよ(笑))。

武田鉄矢さんがラジオで書籍を紹介していた際に出た言葉で、発想のコツ、というもの。(その書籍名は失念しました(*_*;)

IMG_0519

  • 普通を疑う
  • 置き換えてみる
  • 毎日、小さくても少しでもよいから何かを作る

普通と思われているもの・普通に受けているサービスは、本当は普通じゃないと考えた時、そこから生まれるアイデアがあるということです。

あと、毎日小さくても……の方は、私の場合このブログとYouTube、あとWeb製作とプログラミングの勉強。

ブログは文章力を磨くための実験の場で、YouTubeも同様に仕事にするための実験的な要素を持っています。


今日のまとめ

私は生活に困ったら短期バイトしようと決めてます。おそらく年末あたりやばいので(笑)

ホントにやりたい事のためなら頑張れる気がするよ。20年後のための仕事作ってるわけだしね(笑)。

みなさんも、今の会社で疲弊しているんだったら、わたしみたいに仕事やめろとは言わないけど、違う仕事に目を向けてみてもいいのかもしれないですよ。

求人サイトのリクナビNEXTは、自分の強みを調べることができます。強みを知っておけば、どんな環境に行っても戦えるよね。

【公式サイト】→リクナビNEXT


そんなわけできょうの備忘録はここまで。

最後までご覧いただきありがとうございます。

またどこかの備忘録で(^_^)/~




読者登録すると、ブログ更新した時にLINEでお知らせします♪


【オススメ】▶赤ペソ先生が利用しているサービスまとめ


SPONSORED LINK


「この記事がいいね!」と
君が言ったから
9月 10 日は
赤ペソ記念日♪

最新情報をお届けします

Twitterで赤ペソ先生をフォローしよう!